寡夫・寡婦・特別寡婦に該当する条件は何ですか?

Print Friendly and PDFページを印刷

「寡夫」となる条件

以下の3つの条件すべてに該当する人は寡夫となり、寡夫控除が適用されます。
(控除額27万円)

  • 妻と死別・離婚したあと婚姻していない、または妻の生死が不明
  • 生計を一にする子がいて、その子が「総所得金額が38万円以下」かつ「他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない」
  • 合計所得金額が500万円以下である

詳細は国税庁のサイトをご参照ください。

 

「寡婦」となる条件

下表の「○」に当てはまる人は寡婦となり、「寡婦控除」が適用されます。
(控除額27万円)

  夫と死別したあと
婚姻をしていない
夫と離婚したあと
婚姻をしていない
夫の生死が
明らかでない
扶養親族がいる
総所得金額が38万円以下の
生計を一にする子がいる ※
合計所得金額が500万円以下である  

※ 他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっている場合を除きます。

詳細は国税庁のサイトをご参照ください。

 

「特別寡婦」となる条件

以下の3つの条件すべてに該当する人は特別寡婦となり、特定の寡婦控除が適用されます。
(控除額35万円)

  • 夫と死別・離婚したあと婚姻していない、または夫の生死が不明
  • 扶養親族の子がいる
  • 合計所得金額が500万円以下である

詳細は国税庁のサイトをご参照ください。