「扶養親族等」欄にはどのような親族を追加すればいいですか?

Print Friendly and PDFページを印刷

年末調整の対象年の12月31日時点で、以下の条件すべてが当てはまる人を追加します。

  • 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族)または都道府県知事から養育を委託された児童や市町村長から養護を委託された老人
  • 納税者と生計を一にしている
  • 年間合計所得金額が38万円以下(給与収入のみの場合103万円以下)
  • 青色申告者の事業専従者または白色申告者の事業専従者ではないこと

なお、(その年の12月31日時点で)16歳未満の扶養親族は所得税の控除対象扶養親族には該当しませんが、「扶養親族等」欄には追加する必要があります。(給与支払報告書上、扶養者としての報告が必要となるため)

扶養親族等は一度追加すれば、人事労務freeeが生年月日より自動計算で年齢を割り出し、16歳の誕生日を迎えると自動的に控除対象扶養親族へと変更されます。