freeeで年末調整の電子申告を行う

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeの電子申告アプリを利用することで、顧問先の年末調整の内容を簡単にオンラインで提出できます。

また、顧問先のマイナンバーを閲覧せずに申告できますので、マイナンバーの委託が発生せずに申告することができます。

※本機能は、freee公認の税理士「freee認定アドバイザー」向けの機能です。新規利用をご希望の税理士の方は、ぜひfreee認定アドバイザーへのご登録をご検討ください。(詳しくはこちら

 

目次

 

1.事前準備を行う

電子申告ができる環境を整える

電子申告のシステムに接続するため、以下の端末・カードを用意しましょう。

  • Windowsを搭載したパソコンを用意する
  • 税理士カードに対応したICカードリーダを用意する
  • ICカードドライバをインストールする(第四世代カードをご利用の場合は不要)
  • 税理士カード(第四世代または第三世代カード)を用意する
  • ICカード内の電子証明書をパソコンにインストールする(インストール方法はこちらのICカードマニュアルを参照)

 

freeeの利用登録を行う

freee認定アドバイザー(以下、アドバイザー)と顧問先の事業所で、以下のようにfreeeの利用登録を行いましょう。

なお、年末調整の電子申告を利用できるのは法人事業所のみですのでご注意ください。

詳細は、それぞれのリンク先をご参照ください。

 

freeeで申告内容を確定する

申告内容として以下の情報を登録しましょう。これらの登録は、顧問先が行っても構いません。

各製品と操作手順の詳細は、それぞれのリンク先をご参照ください。

 

e-Taxの準備を行う

法定調書合計表の電子申告を行うため、e-Taxについて以下の準備を行いましょう。

 

eLTAXの準備を行う

給与支払報告書の電子申告を行うため、eLTAXについて以下の準備を行いましょう。

 

クラウド申告freeeの電子申告アプリをダウンロードする

以下の手順で、クラウド申告freeeの電子申告アプリをダウンロードします。

1.クラウド申告freeeの電子申告の利用権を購入した状態で、給与計算freeeの年末調整のステップ④を開きます。


2.電子申告アプリをダウンロードできるリンクが表示されていますので、クリックしてアプリをダウンロードします。



freeeで電子申告を行う

年末調整で作成した法定調書合計表と給与支払報告書のデータは、以下の手順で電子申告を行うことができます。

1.給与計算freeeの年末調整のステップ②に、電子申告に必要な情報の入力欄が追加されていますので、作成担当者・税理士・事業所の情報をすべて入力します。


2.給与計算freeeの年末調整のステップ④で、 電子申告を行う書類の作成画面を開きます。

※ 従業員別の入力画面で源泉徴収票の摘要を編集した場合は、先に[摘要欄の編集]ボタンをクリックして、摘要の文字数が電子申告できる文字数を超過していないかどうかを確認します。



3.[電子申告する]ボタンをクリックし、電子申告アプリを起動します。

  • アプリが起動する前に「外部プロトコルリクエスト」という画面が表示された場合は、[アプリケーションの起動]ボタンをクリックします。
  • アプリが起動する前に「freee電子申告アプリを開きますか?」という画面が表示された場合は、[freee電子申告アプリを開く]ボタンをクリックします。



4.パソコンにICカードリーダを接続し、ICカードリーダに税理士カードを挿入します。

5.電子申告アプリを開き、freeeのログイン情報を入力してログインします。(メールアドレスは自動で入力されています)


6.申告文書のデータが自動でダウンロードされますので、「申告文書」欄にて、ダウンロードが完了したことを確認します。


7.「署名」欄にて、ご利用の税理士カードの種類を選択し、ICカードリーダが正しく認識されたことを確認します。


8. e-TaxまたはeLTAXの暗証番号を入力したら、[申告する]ボタンをクリックします。


9.申告完了のメッセージが登録されたら、電子申告は完了です。

提出状況を確認する場合は、「e-taxソフト」「e-taxサイト」または「PCDesk」を開いてログインし、メッセージボックスを確認します。

 

トラブルシューティング

年末調整の電子申告を行う上でエラー等が発生した場合は、下表の方法で解決できる可能性があります。

※ 表のチェックボックスは、確認済みの項目をチェックするためにご利用ください。

分類

チェック項目

説明

ICカード・
証明書

ICカードリーダがPCに接続されているか?

ICカードリーダがUSBポートに正しく接続されていることをご確認ください。

ICカードの向きは正しいか?

通常、金属部分を上にして、金属部分が挿入されるようにして差し込みます。

ICカードは動作するカードか?

第三世代税理士カードの場合、PDF署名ツールで動作をご確認ください。

電子証明書用の Windows ドライバをインストールしてあるか?

第三世代税理士カードおよび第四世代税理士カードは、日本税理士会連合会の提供するドライバが必要です。

ICカードリーダ用の Windows ドライバをインストールしてあるか?

基本的には自動的にインストールされるはずですが、動作しない場合はご利用のICカードリーダのドライバをインストールする必要があります。

複数のICカードリーダーを接続していないか?

接続するカードリーダを1台にしてから再度お試しください。

入力したICカードのパスワードは正しいか?

入力されたパスワードが正しいかどうかをご確認します。

なお、何回かパスワードを間違えるとICカード自体ロックされて使えなくなりますのでご注意ください。

ICカードを途中で抜いたり移動したりしていないか?

署名中に抜き差しすると、エラーや故障の原因となります。

e-taxのルート証明書・中間証明書はインストールできているか?

こちらからダウンロードすることができます。

入力間違い

電子申告アプリにおいて、申告対象の事業所に正しくログインできているか?

年末調整を登録した事業所に、電子申告アプリ上でもログインできていることをご確認ください。

e-taxの利用者識別番号は間違っていないか?

給与計算freeeの年末調整画面を開き、ステップ②に正しい利用者識別番号が入力されているかどうかをご確認ください。

eLTAXの利用者IDは間違っていないか?

給与計算freeeの年末調整画面を開き、ステップ②に正しい利用者IDが入力されているかどうかをご確認ください。

利用時間

e-taxeLTAXの利用可能時間外に申告しようとしていないか?

e-tax・eLTAX共に、月〜金曜日の8:30-24:00が利用可能時間ですので、その時間内にご利用ください。

※e-taxは、 1/16-3/15に限り、月曜0:00-8:30以外のすべての時間帯で利用可能です。

その他

外部プロトコルのリクエストに関する設定が「何もしない」で保存されていないか?

Chromeをご利用の場合、「外部プロトコルのリクエスト」の設定画面で「このようなリンクの設定を全て保存する」をチェックしてから「何もしない」をクリックすると、それ以降は電子申告アプリが起動しなくなります。保存された設定を解除するには、以下の手順で設定データを削除します。

  1. Chromeの全てのウインドウを閉じます。
  2. スタートメニュー(Cortana)の検索ウインドウを開きます。
  3. 「%LocalAppData%」と入力し、Enterを押します。
  4. 「Google」→「Chrome」→「User Data」の順にフォルダを開きます。
  5. フォルダ内の「Local State"ファイルを削除します。
  6. Chromeを再度起動して給与計算freeeを開き、電子申告アプリの起動ボタンをクリックします。

分類

チェック項目

説明