freeeで所得税の電子申告を行う

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人    ライト    ビジネス    エンタープライズ  
  個人   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

freeeの電子申告アプリを利用することで、確定申告(所得税申告)の内容を簡単にオンラインで提出できます。

また、顧問先のマイナンバーを閲覧せずに申告できますので、マイナンバーの委託が発生せずに申告することができます。

※ freeeの電子申告は、e-taxの仕様上、Windows端末からのみ利用することができます。Macやモバイルではご利用いただけませんのでご了承ください。

 

目次



1.事前準備を行う

freeeの電子申告を初めて利用する場合、以下の事前準備が必要です。

個人事業主の方の場合

freeeの電子申告を利用して電子申告を行う場合、

1.お住いの地域の自治体に申請して、マイナンバーカードを取得します。

  • 紙製の「マイナンバー通知カード」ではなく、ICチップの入った「マイナンバーカード」を取得する必要がありますのでご注意ください。自治体により異なりますが、申請から数週間〜1ヶ月ほどでカードを取得できます。
  • 住民基本台帳カードをお持ちの場合は、そちらを利用することもできます。
  • マイナンバーカード・住民基本台帳カードには、パスワードを設定します。このパスワードは電子申告を実行する際にも必要ですので、覚えておくようにしましょう。

2.マイナンバーカードに対応しているカードリーダー(SONYのPaSoRiなど)を入手します。

  • マイナンバーカードに対応したカードリーダー一覧は、こちらをご参照ください。
  • 住民基本台帳カードに対応したカードリーダー一覧は、こちらをご参照ください。

3.e-Taxのサイトから開始届出を提出し、e-taxの利用登録(利用者識別番号と暗所番号の取得)を行います。

上記リンク先の[次へ]から手続に進むことができます。

利用登録を行うと、下図のような画面が表示され、登録内容を確認できます。


4.Web版のe-taxにて、マイナンバーカードに記録された電子証明書(持ち主の身分証明をするファイル)を、e-taxの利用者識別番号と紐付けます。詳しい手順は以下のとおりです。(ダウンロード版e-taxソフトでの登録手順はこちら

マイナンバーカードと接続したカードリーダーをパソコンに接続します。(下図はPaSoRiご利用時のイメージ)

Internet ExplorerでWeb版のe-taxにログインします。

「利用者情報の登録・確認・変更」画面を開き、「電子証明書」の「登録・更新」ボタンをクリックします。

「媒体の選択」画面では、「カードタイプの電子証明書をご利用の場合」を選択します。

「認証局サービス名」を「公的個人認証サービス(マイナンバーカード)」として、電子証明書を登録します。(このタイミングで、カードリーダーがマイナンバーカードの電子証明書ファイルを読み取ります)


5.こちらから、公的個人認証サービス 利用者クライアントソフト(JPKI利用者ソフト)をダウンロードして、パソコンにインストールします。インストールしたら、一度パソコンを再起動します。

6.こちらから、freeeの電子申告アプリをダウンロードします。

以上で事前準備は完了です。以下のチェックシートで、準備内容に漏れがないかをチェックしましょう。

表のチェックボックスは、準備した項目をチェックするためにご利用ください。

 

準備する内容

備考・参考URL

Windowsを搭載したパソコンを用意する

Windows 7, 8.1, 10, 10 Anniversary Update のいずれかが入ったパソコンをご用意ください。

マイナンバーカード(または住民基本台帳カード)を用意する

「マイナンバー通知カード」ではなく、ICチップの入った「マイナンバーカード」が必要です。

ICカードリーダを用意する

マイナンバーカード・住民基本台帳カードに対応しているカードリーダはこちらから探すことができます。

ICカードリーダのドライバをインストールする

ドライバの入手方法はICカードリーダの提供元にお問い合わせください

公的個人認証サービスの利用者クライアントソフトをインストールする

こちらからダウンロードできます。インストール後、再起動が必要です

e-Taxの利用者識別番号を取得する

e-Taxのサイトからオンライン上で取得できます。

e-Taxの初期設定(電子証明書の登録など)を行う

以下のいずれかを行います。

Web版の方が手軽に利用できるためおすすめです。

freeeの電子申告アプリをインストールする

アプリはこちらからインストールできます。

 

税理士の方の場合

freeeの電子申告を初めて利用する場合、以下の事前準備が必要です。 

表のチェックボックスは、準備した項目をチェックするためにご利用ください。

 

準備する内容

備考・参考URL

Windowsを搭載したパソコンを用意する

Windows 7, 8.1, 10, 10 Anniversary Update のいずれかが入ったパソコンをご用意ください。

クラウド申告freeeの利用登録を行う

ご利用料金やご登録方法についてはこちらからお問い合わせください。

顧問先の事業所で「管理者」メンバーとして登録してもらう

詳しい手順はこちらをご参照ください。

税理士カードを用意する

第三世代または第四世代カードをご用意ください。

ICカードリーダを用意する

税理士カードに対応しているカードリーダはこちらから探すことができます。

ICカードリーダのドライバをインストールする

ドライバはこちらから入手できます。

第四世代カードをご利用の場合はインストール不要です。

ICカード内の電子証明書をパソコンにインストールする

インストール方法はこちらのICカードマニュアルをご参照ください。

e-Taxの利用登録を行う

詳しい手順はこちらをご参照ください。

税理士の方自身の利用者識別番号と、顧問先の利用者識別番号の両方をあらかじめ取得しておきます。

e-Taxのルート証明書・中間証明書をインストールする

証明書はこちらからダウンロードできます。

e-Taxソフトの初期設定(電子証明書の登録など)を行う

以下のいずれかを行います。

e-TaxはWeb版の方が手軽に利用できるためおすすめです。

freeeの電子申告アプリをインストールする

アプリはこちらからインストールできます。



2.freeeで電子申告を行う

1.[確定申告]メニューの[確定申告書類の作成]画面を開きます。

2.「基本」の各項目に入力し、「提出方法」を「電子申告(freee)」として保存します。


3.「収支」ステップの各項目に入力します。
すでに入力済みの場合も、「収支」ステップの入力内容を再確認します。
(freee電子申告を選択した場合、それ以外の提出方法よりも一部の入力項目が増えるため)

4.「確認」ステップで申告書類の内容を確認します。
もし税金が還付される場合は、還付先の銀行口座の情報をこの画面で入力します。

5.「提出」ステップの「提出の準備をしましょう」の内容がすべて完了していることを確認します。


6.e-Taxで取得した、事業主の利用者識別番号を入力します。

税理士の方が代理申告をする場合は、チェックボックスにチェックを入れてから、税理士の方の情報もあわせて入力します。幾つかの情報は、認定アドバイザー事業所の設定内容が自動的に反映されます。(下図参照)



7.招待済みのメンバーの中から事業主のアカウントを選択して、事業主とその扶養親族のマイナンバーを入力します。

扶養親族はマイナンバー管理freeeにて追加することができ、入力したマイナンバーはマイナンバー管理freeeにて安全に管理されます。

  • 税理士の方が申告をする場合は、事業主の方がマイナンバー管理freeeよりマイナンバーを登録してから、申告作業を行います。



8.申告する書類にチェックが入っていることを確認したら、[申告する]ボタンをクリックして電子申告アプリを起動します。

また、freeeの電子申告が添付書類データの作成(第三者作成書類の添付省略)に対応しているかどうかも確認しましょう。



9.電子申告アプリを開き、freeeのログイン用パスワードを入力してログインします。
(メールアドレスは自動で入力されています)


10.申告文書のデータが自動でダウンロードされますので、ダウンロードが完了したことを確認します。


11.「署名」欄にて、ご利用のカードの種類(マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード)を選択し、ICカードリーダが正しく認識されたことを確認します。


12.e-Taxの暗証番号を入力したら、[申告する]ボタンをクリックします。


13.マイナンバーカードのパスワードを聞かれますので、入力して続行します。

14.申告完了のメッセージが登録されたら、会計freeeの「確定申告書類の作成」画面を再度開きます。

15.提出ステップの最下部にe-Taxパスワードを入力して、受付結果の確認を行います。


16.電子申告が完了していることを確認できたら、最下部の[提出が完了した]ボタンをクリックします。


 

トラブルシューティング

電子申告に失敗した場合は、以下に記載の方法で解決できる可能性があります。

エラー内容 対処方法

以下のエラーが表示される

  • e-Tax API サーバー応答が不正です。
  • 画面番号: XU00S040
  • 送信する電子証明書ファイルを選択してください。(以下略)

e-taxにて、マイナンバーカードに記録された電子証明書(持ち主の身分証明をするファイル)を、e-taxの利用者識別番号と紐付ける必要があります。

登録手順はこちらをご参照ください。 

以下のエラーが表示される

  • e-Tax API サーバー応答が不正です。
  • 画面番号: XU00S080
  • メッセージ: HUU0176E:送信された申告等データは、受け付けられていません。(以下略)

freeeに入力した「利用者識別番号と生年月日の組み合わせが、e-taxに登録されているそれらと異なっている可能性があります。

登録内容の誤りを確認・修正した上で、再度電子申告を行ってください。

上記以外のエラーメッセージが表示される

e-taxのトラブルシューティングをご参照いただくことで解決方法が見つかる場合があります。

freeeの電子申告アプリをダウンロードできない

こちらをクリックして、再度ダウンロードを実行してください。

ダウンロードされた「launcher.application」をダブルクリックすると、インストールが開始されます。


上記のいずれの対応を行っても解決しない場合は、下表のチェック項目もご確認ください。

※ 表のチェックボックスは、確認済みの項目をチェックするためにご利用ください。

分類

 

チェック項目

備考

ICカード・
証明書

ICカードリーダがPCに接続されているか?

ICカードリーダがUSBポートに正しく接続されていることをご確認ください。

ICカードの向きは正しいか?

通常、金属部分を上にして、金属部分が挿入されるようにして差し込みます。

ICカードは動作するカードか?

 

e-taxに電子証明書を登録したか?

e-taxにて、マイナンバーカードに記録された電子証明書(持ち主の身分証明をするファイル)を、e-taxの利用者識別番号と紐付ける必要があります。

登録手順はこちらをご参照ください。 

ICカードリーダのドライバをインストールしてあるか?

ご利用のICカードリーダのドライバをインストールする必要があります。

複数のICカードリーダーを接続していないか?

接続するカードリーダを1台にしてから再度お試しください。

入力したICカードのパスワードは正しいか?

入力されたパスワードが正しいかどうかをご確認します。

なお、何回かパスワードを間違えるとICカード自体ロックされて使えなくなりますのでご注意ください。

ICカードを途中で抜いたり移動したりしていないか?

署名中に抜き差しすると、エラーや故障の原因となります。

(税理士の方のみ)
e-taxのルート証明書・中間証明書はインストールできているか?

こちらからダウンロードすることができます。

入力間違い

電子申告アプリにおいて、申告対象の事業所に正しくログインできているか?

確定申告書を作成した事業所に、電子申告アプリ上でもログインできていることをご確認ください。

e-taxの利用者識別番号は間違っていないか?

確定申告書類の作成画面の「提出」ステップに、正しい利用者識別番号が入力されているかどうかをご確認ください。

利用時間

e-taxの利用可能時間外に申告しようとしていないか?

e-Taxは、月〜金曜日の8:30-24:00が利用可能時間ですので、その時間内にご利用ください。

なお、1/16-3/15は、月曜0:00-8:30以外のすべての時間帯で利用可能です。

利用可能時間の詳細はこちらをご覧ください。

その他

外部プロトコルのリクエストに関する設定が「何もしない」で保存されていないか?

Chromeをご利用の場合、「外部プロトコルのリクエスト」の設定画面で「このようなリンクの設定を全て保存する」をチェックしてから「何もしない」をクリックすると、それ以降は電子申告アプリが起動しなくなります。保存された設定を解除するには、以下の手順で設定データを削除します。

  1. Chromeの全てのウインドウを閉じます。
  2. スタートメニュー(Cortana)の検索ウインドウを開きます。
  3. 「%LocalAppData%」と入力し、Enterを押します。
  4. 「Google」→「Chrome」→「User Data」の順にフォルダを開きます。
  5. フォルダ内の「Local State"ファイルを削除します。
  6. Chromeを再度起動して給与計算freeeを開き、電子申告アプリの起動ボタンをクリックします。

分類

 

チェック項目

説明