Management Cloudとの連携をする

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeは歯科医院向けレセコンアプリのManagement CloudとのAPI連携に対応しています。このヘルプでは連携されるデータの内容と連携の手順について案内しています。

freee API

 

目次

Management Cloudとの連携

freeeはレセコンアプリManagement CloudとのAPI連携に対応しています。日々の顧客管理及び売上を記録しているManagement Cloudのデータをfreeeに会計データに取り込むことができます。 

連携の手順と内容

手順

1.「月次業務」メニュー一覧から「月次連携処理」をクリック
pasted_image_0.png

2.連携対象となる年月を選択し「実行」をクリックpasted_image_0__1_.png 

連携される内容

連携のタイミング

レセプトで月次の集計値を確定したタイミングで連携を行います。なお、連携したのちに再度、連携の処理は行うことはできません。

連携対象

窓口の収入のみが連携される取引の対象となります。審査支払機関(国保連など)に請求する分などは対象外なので注意が必要です。

連携される取引の内容

連携される取引には以下の通り3種類あり、いずれの取引も決済口座は「現金」として登録されます。

①売上の取引
連携を行うとManagement Cloudのデータに応じて、以下のような保険種別が品目に入ります。

-社保窓口収入

-国保窓口収入

-後期高齢者窓口収入

-自費窓口収入

-物品窓口収入

-その他窓口収入

これらの連携された取引は、Management Cloudの日別入金明細の保険種別順をみると、適切に連携されているかを確認することができます。

②未収入金の取引
患者様ごとに発生時には支出取引、回収時には収入取引が作成されます。

具体的には発生時には以下の取引が作成されます。

(売上の計上)

現金 XXX / 売上 XXX

  • ①の売上の収入取引として連携されます。

(未収入金の発生)

未収入金 XXX / 現金 XXX

  • ②の未収入金の発生の支出取引として連携されます。

(未収入金の回収)

現金 XXX / 未収入金 XXX

  • ②の未収入金の回収の収入取引として連携されます。

③預り金の取引
患者様毎に発生であれば収入、返金であれば支出取引として連携されます。

具体的には発生時には以下の取引が作成されます。

(預り金の受取)

現金 XXX / 預り金 XXX

(預り金の返金)

預り金 XXX / 現金 XXX