Salesforceと請求書作成・入金データを連携する

Print Friendly and PDFページを印刷

"フリー for SFA"によって営業管理ツールのSalesforceとfreeeを連携することができます。連携によりSalesforceで管理している商談や案件の情報をfreeeに連携して請求書を作成することができます。またfreeeで会計データとして管理している入金情報をSalesforceに連携することもできます。

freee_logo_forSFA_01_color_RGB_05_XL__3_.png

 

目次

 

概要

Salesforceをご利用の方は"フリー for SFA"をインストールすることで、freeeとSalesforceを連携することができます。

連携することによりSalesforceで請求した案件や取引先との商談について、その日付と請求先を引き継いで請求書を作成することができます。

またfreeeで登録した入金の取引について、入金情報としてSalesforceに連携することもできます。
________2.jpg

この連携のためにはアプリケーション”freee for SFA”をインストールする必要がありますが、そのインストール手順は以下の初期設定のスライドに説明がございます。

※アプリをご利用いただくにはご利用の申込み時点で、freeeの利用料金及びSalesforceの利用料金とは別に料金がかかります。

 

初期設定

初期設定として、Salesforceの管理者はfreee for SFAをインストールするとともに、初期設定を行う必要があります。詳細な手順は以下のスライドを御覧ください。

Freee for sfa設定手順 from freee株式会社

 

日々の連携

Salesforceからfreeeへの売上情報の連携

Salesforceからfreeeへの連携は、以下の手順で行います。

1.Salesforce上の「取引先」もしくは「商談」メニュー内にある「freee請求書情報」欄の取引先ごとの案件一覧や商談一覧を開き、「freeeで請求書を作成」をクリックします。
salesforce______2.png

2.freeeの請求書作成画面が表示されます。Salesforceから「取引先」の名称と「請求日」が引き継がれた状態で、作成画面が開きます。

freeeでの請求書作成の方法については、こちらのヘルプを御覧ください。

 

freeeからSalesforceへの入金情報の連携

Salesforceから連携して作成した売上の取引について入金があった場合には、売上に関する未決済取引の消し込みを行います。消込を行うと、自動的にその入金情報がfreeeからSalesforceへ連携されます。

これは取引に紐付いた「取引先」「請求日」の情報を基に識別されて自動連携される仕組みとなっています。

入金情報が連携されたことは、Salesforce上の「商談」もしくは「取引先」メニュー内の、「freee請求書」の「入金済み」タブで確認することができます。
____2.png
 

入金があった際のfreeeでの操作については、こちらのヘルプをご参照ください。

 

FAQ

[Q-1] freee for SFAにするにはSalesforce側のEditionの指定(Enterprise以上など)はございますか? APIが必要かどうかだと思いますが、ご教示ください。

  • エディション指定はありませんが、商談や取引先の標準オブジェクトがあることが前提になっておりますので、今のところSales Cloudが前提になります。​

[Q-2] 取引先の標準オブジェクトがあるForce.comユーザ (App Cloud)も連携アプリの利用が可能という理解で正しいでしょうか?

  • 可能です。

[Q-3] ライトニング対応はしてますか?

  • 対応しています。

[Q-4] モバイル対応はしていますか?

  • していません。