【freee API】Googleスプレッドシートと連携する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス   ✓ エンタープライズ  
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

【注意】本ページはソフトウェア開発者向けのページです

freee APIは、freeeの機能を外部のプログラムから利用するためのインターフェースです。Google Apps Script(GAS)からfreee APIを利用し、Googleスプレッドシートと連携することが可能です。

最新のAPI仕様はこちらで公開しています。(検証用のfreeeアカウントについてはこちら

freee API

 

目次

  1. Google Apps Script(GAS)について
  2. Googleスプレッドシート連携の活用例
    1. 取引データをfreeeに送信する
  3. サンプルファイル
    1. 注意事項
    2. ファイル

Google Apps Script(GAS)について

Google Apps Script(GAS)はGoogleスプレッドシートなどのGoogleが提供するサービスを操作できるスクリプト環境です。

GASからfreee APIにリクエストすることで、Googleスプレッドシートとfreeeの間でデータのやりとりが可能です。Googleスプレッドシートのデータを「取引」や「明細」としてfreeeへ送信するといったことができます。

 

Googleスプレッドシート連携の活用例

Googleスプレッドシート連携は様々な活用方法が考えられます。ここでは一部の活用例を紹介します。

1.取引データをfreeeに送信する(サンプルファイル有)

Googleスプレッドシートに入力された取引データをfreeeに送信します。

この活用例はサンプルファイルがあります。以下の内容ではサンプルファイルについて説明します。

サンプルファイル「取引データをfreeeに送信」(ファイルはこちらから)

__________.gif

 

サンプルファイルの仕様

freee API経由で取引を登録する際は、以下の情報が必要です。

  1. freee APIと通信するためのアクセストークン
  2. 取引の登録先となる事業所の事業所ID
  3. 取引の登録先となる事業所固有の情報のID(勘定科目、取引先、品目、部門、メモタグ、口座)

これらの情報を用いて取引データを作成し、freeeに送信します。

サンプルファイルにおける情報の取得手順は以下の通りです。

  1. freeeとの連携をユーザーが認証し、アクセストークンを取得
  2. freeeと通信し、事業所一覧を取得、取引送信先となる事業所を指定
  3. 指定した事業所の事業所固有の情報(勘定科目、取引先、品目、部門、メモタグ、口座)を取得

 ________.jpg

 

連携における留意点

  • 一度送信した取引データをスプレッドシート上で判別できるようにし、重複して取引を送信しないようにします。
  • freee API経由で登録された取引は、手動で登録された取引とみなされます。

 

サンプルファイル

注意事項

  • ファイルは閲覧のみ利用可能であるため、サンプルファイルをコピーしたものを使用します。
  • はじめて利用する際は承認が必要です。Googleの警告が表示された場合、ファイル内のシート「googleの警告について」の手順に従って承認します。
  • 外部のライブラリを参照しています。詳細はスクリプトから確認できます。
  • サンプルファイルに関して保証・サポートはおこなっておりません。ご了承ください。

ファイル