銀行などの明細から帳簿付けを行う(自動で経理)

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeを銀行やクレジットカードと同期したり、明細データをアップロードすることで、freeeに明細(銀行口座やクレジットカードの利用履歴)を取り込むことができます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。この機能を活用して、経理業務を効率化しましょう。

 

目次

「自動で経理」では、収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

 

「自動で経理」の画面を開く

「自動で経理」の画面は、以下のいずれかの方法で開くことができます。

① ホーム画面の[未処理○件]をクリックする
②[取引]メニュー内の[自動で経理]をクリックする


③ホーム画面左側の口座一覧のオレンジの数字をクリックする
(クリックした口座の明細だけが表示されます)


 

収入・支出を登録する

単純な収入と支出の取引は、「カンタン取引登録」タブで勘定科目を選択するだけで登録できます。

また、「自動化」にチェックを入れてから登録すると、次回からはこの作業も自動化できます。つまり銀行を自動同期しておけば、取引内容が同じ明細は全自動で帳簿付けされます。(詳しくはこちら


また、一部の明細は最初から自動で勘定科目などを推測します。問題がなければそのまま[登録]をクリックし、修正したければ[編集]をクリックします。

(例:取引内容に「デンリョク」を含む明細は、勘定科目「水道光熱費」、品目「電気料金」を推測)

また、「複数行取引」にチェックを入れれば、一つの明細から複数行の取引を登録できます。(詳しくはこちら

 

売掛金・買掛金を消し込む

「自動で経理」では、未決済の取引(売掛金・買掛金など)を消し込むこともできます。

未決済取引と明細の金額が一致している場合、「入出金予定とマッチ」タブに自動で消し込みの候補が表示されます。

問題なければそのまま[登録]をクリックして消し込み完了です。


請求額から控除されて振り込まれた場合や、複数の取引を消しこみたい場合は、[未決済取引の消し込み]タブから消し込みます。詳しくはこちらをご覧ください。


 

資金の移動を登録する

口座間の資金移動、現金の引き出し・預け入れ、クレジットカード利用分の引き落としの明細は、[口座振替・カード引落し]タブから帳簿付けします。


この時、[登録]ボタンの上にある「自動化」にチェックを入れてから登録すると、次回からはこの作業を自動化できます。つまり口座を同期しておけば、取引内容が同じ明細は全自動で帳簿付けされるようになります。(詳しくはこちら

口座振替・クレジットカードの引落しについての詳細は、以下のヘルプページをご覧ください。

 

 

 


参考:ショートカットキーを活用する

「自動で経理」では、以下のショートカットキーを利用できます。

キー

操作できる内容

j

次の明細

k

前の明細

e

編集

c

編集をキャンセル

t

タブの切り替え

Shift + Enter

登録

Shift + i

無視

Shift + /

ショートカットキーヘルプ表示/非表示


 


参考:自動登録ルールについて

「自動化」にチェックを入れると、「この取引内容の明細はこのように帳簿付けする」というルールがfreeeに保存されていきます。これをfreeeでは自動登録ルールと呼んでいます。

どのような明細がどのように帳簿付けされるようになっているのかを確認したい場合は、[設定]→[自動登録ルールの設定]を確認しましょう。(詳しくはこちら


また、「自動で経理」の画面で「自動化」しながら取引を登録していくと、その場で自動登録ルールが保存されていくことになります。

保存された自動登録ルールをその場で明細に適用する場合は、「自動で経理」画面の右上にある「その他の機能」ボタンから、「全件に自動登録ルールを適用」をクリックすることで適用できます。

 

締めと取引登録について

月締め・年度締めにおいて、本締めをした日付までの明細については、「自動で経理」をクリックして表示させた画面での明細一覧には表示されず、自動で経理での取引登録ができないようになります。

取引登録が漏れていたもので、既に月締めを行っていた場合には、一度締めを解除していただいた上、取引の登録をしていただくことになります。

月締めについての詳細はこちら