未決済取引の更新や経過勘定の振替を行う(+更新)

Print Friendly and PDFページを印刷

「+更新」は、登録済み取引の仕訳について、借方・貸方のいずれかの勘定を振替える機能です。当初の見込みと異なる事象の発生の反映や、経過勘定の振替などに活用いただけます。

 

目次

 

「+更新」機能を用いるケース

「+更新」機能は下記のような取引の入力に使用します。

  1. 債権(売掛金や貸付金)が貸し倒れた
  2. 経過勘定(前受金・前渡金・前受収益・前払費用)を収益化・費用化する
  3. 収益・費用を経過勘定(前受収益・前払費用)に振替える(再振替)

 「+更新」は、取引を「取引」→「取引の一覧」から選択した、「取引の詳細」画面で行うことができます。貸借いずれについても振替えることが可能です。

 

なお、「+更新」は、取引金額総額ではなく、部分の金額でも入力できます。

例:未決済額8万円のうち2万円を更新した状況

※ 「+更新」と部分決済を組み合わせることも可能となっています。

 

売掛金が貸し倒れた場合

取引先が倒産し、債権(売掛金や貸付金など)の回収ができないことが確実になった場合、債券の貸倒処理を行います。

例:5月30日取引先A社が倒産し、A社への売掛金100,000円が回収不能になった。

①まず、売掛金が取引として登録されていることを確認します。(売掛金の登録方法はこちら) 

②[取引]→[取引の一覧]から該当する取引を選択します。

③ 決済の欄にある「+更新」ボタンをクリック、再度該当する行の「+更新」をクリックします。

④ 勘定科目に「貸倒損失」を入力し、保存します。
※法人の方は、販売管理費に計上したい場合は「貸倒損失(販)」、営業外費用に計上したい場合は「貸倒損失(外)」を勘定科目として選択します。

 

貸倒引当金を繰り入れていた場合

例:

取引先A社の売掛金 100,000 円に対し、50,000 円の貸倒引当金を前期に繰入れていた。

今期の4月30日に取引先A社が倒産し、A社への売掛金 100,000 円が回収不能になった。

① まずは、期首残高に貸倒引当金が登録されている必要があります。

※今期から freee をお使いの方は「開始残高の設定(法人)」もしくは「開始残高の設定(個人事業主)」から登録します。

②「+更新」ボタンを押した画面にて、勘定科目「貸倒引当金」とし、50,000円を入力します。

③「行を追加」にて追加した行へ勘定科目「貸倒損失」とし、50,000円を入力します。

 

前受金・前払費用などの経過勘定を収益化・費用化する場合

例:

3月26日に前払金(前渡金)として支払った支出を、外注先からの納品が完了した4月15日に外注費に振替える。

3/26(借) 前払金 5,000(貸) 現金 5,000
4/15(借) 外注費 5,000(貸) 前払金 5,000

① メニュー「取引」→「取引を登録」の支出取引から勘定科目「前払金」(もしくは「前渡金」)として5,000円を登録します。発生日は 3月 26日とします。

 

② 4月15日に納品を確認したら、「取引の一覧」から「前払費用」(もしくは「前渡金」)の取引を選択し、「+更新」を押下、借方勘定を更新します。

 

※[レポート]→[仕訳帳]より、更新の仕訳は確認できます。

 

収益・費用を経過勘定に振替える場合

この場合は、「+更新」を2回行います。

例:

2015年3月31日に決算を迎えたため、10月1日に支払った1年分の保険料20,000円を経過勘定である前払費用に振替える。そのため、決算日に次期の分の保険料10,000円を繰り延べる。

翌期首である2015年4月1日に前期計上した経過勘定(前払費用)の再振替をおこない、今期の費用として計上する。

① メニュー「取引」_「取引の一覧」から10月1日に支払った保険料20,000円の明細を選択し、「+更新」を押下します。

② 更新日を2015年3月31日にし、勘定科目「前払費用」を入力し、保存します。金額は次期に計上される金額である10,000円です。
【仕訳】
(借)前払費用 10,000 (貸)保険料 10,000 

③「取引の一覧」から「+更新」によって振替えた経過勘定(前払費用)の明細を選択し、「+更新」を押下します。

④ 更新日を2015年4月1日にし、勘定科目「保険料」を入力し、保存します。
【仕訳】
(借)保険料 10,000 (貸)前払費用 10,000