Dr.Walletビジネス - 領収書のデータを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

BearTail社が提供する全自動帳簿付けアプリ「Dr.Walletビジネス」をfreeeと連携することで、帳簿データを自動でfreeeに取り込むことができます。

 

Dr.Walletビジネスとは

Dr.Walletビジネス」は、BearTail社が提供する全自動家計簿アプリ「Dr.Wallet」のビジネス版です。

領収書の写真を同アプリにアップロードすると、オペレーターが目視して手入力でデータ化するため、高い精度で領収書の内容をデータ化できます。

ビジネス版である「Dr.Walletビジネス」では、作成した帳簿データをCSV形式で出力できるので、そのまま他の会計ソフトに取りこむことができます。

 

1.Dr.Walletビジネスの記帳内容を確認する

まずDr.Walletビジネスにログインし、ホーム画面の入出金履歴を確認します。

freeeには、ここに表示されている内容が取り込まれます。


 

2.freeeとDr.Walletビジネスを連携する

2-1.freeeにログインして、[口座]→[口座を登録]を開きます。

2-2.検索窓に「dr」などと入力すると「決済サービスや電子マネー」欄に[Dr.Walletビジネス]と出てくるので、そこをクリックし、[登録する]をクリックします。


2-3.Dr.Walletビジネスのログインに使用しているメールアドレスとパスワードを入力し、[Dr.Walletビジネスと同期する]ボタンをクリックします。


2-4.ホーム画面に「Dr.Walletビジネスの同期にはタグのマッチングが必要です」と表示されるので、そこをクリックします。


2-5.[設定する]をクリックします。


2-6.Dr.Walletビジネス上の「口座」と「カテゴリ」が、freee上のどの「口座」と「勘定科目」に該当するのかを設定します。(タグのマッチング)

※ 一部のデータを未決済取引として取り込んだり、取り込まないように設定することもできます。

設定できたら、画面下部の[保存]ボタンをクリックします。


2-7.タグのマッチングが完了したら、自動で同期が始まり、帳簿データがfreeeに取り込まれます。


 

3.freeeに取り込まれたデータを確認する

3-1.ホーム画面の口座一覧の「Dr.Walletビジネス」欄にある[取引]ボタン(箱のマーク)くをクリックします。


3-2.Dr.Walletビジネスから取り込まれたデータがfreee上の取引として表示されるので、登録内容が問題ないかを確認します。

※ Dr.Walletビジネス上の「品名」は、freee上の「備考」として登録されています。