銀行口座・クレジットカード等の同期について

Print Friendly and PDFページを印刷

オンラインバンキング(インターネットバンキング)とは、インターネットを介して振込や明細の確認を行うことができる銀行のサービスです。通常は、各銀行にサービスの申し込みをすることで利用できるようになります。

入出金履歴を確認できるオンラインバンキングをご利用の方は、freeeに用意した口座へ銀行の明細を同期することができます。経理処理の効率化にぜひご活用ください。

電子証明書認証の口座の明細を取得する方法は、こちらのヘルプページをご覧ください。

  

目次

 

同期をするメリット

手間が減る

  • 自動同期の設定を一度行えば銀行やカードの利用履歴が自動で取り込まれるようになります。
  • 取り込んだ明細は、ワンクリックで会計データにできる上、その登録は次回から自動化できます。

すぐ終わる

  • 取引の記録(証憑)の取得から帳簿付けまでを自動化できますので、大幅に経理処理時間を短縮できます。

ミスが減る

  • 手作業が少なくなるため、入力ミスのリスクも削減できます。
  • 自動同期を設定していれば、明細の照会期間を過ぎて取り込みを忘れてしまうという心配もありません。

*freeeでは、銀行と同等のセキュリティ水準でみなさまのデータを管理しております。

 

同期を実行する

口座の登録・同期を行う手順については、こちらのヘルプページをご覧ください。

  • ゆうちょ銀行を同期する場合は、こちらの注意点をご確認ください。
  • クレジットカードを同期しており、リボ払いを利用した場合は、こちらの注意点をご確認ください。

明細を同期できる期間について

オンラインバンキングでは、明細を閲覧・ダウンロードできる期間に決まりがあります。
freeeには照会期間内の明細データのみ同期することができます。照会期間は、各銀行によって異なります。

もし、あなたがお忙しく、普段経理処理にお時間を割けない場合、同期設定は「自動同期」にされることをおすすめします。あなたにかわって、freeeが自動でデータを取り込みます。(同期設定の方法についてはこちら

 

同期をした後の帳簿付けの流れ

自動で明細が取り込まれたら、ボタン1クリックで会計データにすることができます。(「自動で経理」機能)

「自動で経理」についての詳細はこちらのヘルプページをご覧ください。

自動で経理は、スマートフォンからも作業できますので、移動中などの空いた時間に作業をおこないましょう。