振替伝票を作成する(仕訳形式で記帳する)

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeの通常の「取引」は、口座か決済期日を選択する方式となっており、入力できる仕訳が限定されます。このため、「取引」形式で入力できない仕訳については「振替伝票」で入力します。

また、他社製品からの乗換の際にも、この「振替伝票」を用いてfreeeにデータを引き継ぎます。(詳細はこちら

ここではfreeeにおける振替伝票の概要と、作成方法などをご紹介します。

 

目次

  1. 振替伝票の特徴と用途について
  2. 振替伝票を作成する
  3. 振替伝票から未決済取引を作成する
  4. 振替伝票の修正・コピー・削除・コメント
  5. 参考:税抜経理の場合の消費税仕訳の生成について

  

振替伝票の特徴と用途について

会計freeeでは、対価が発生するような基本的な仕訳は「取引」「口座振替」の形式で記帳を行います。
※「取引」「口座振替」などの会計データは、自動で仕訳形式に変換されて保存されています(詳しくはこちら

一方、決算などの際に仕訳形式で記帳する必要が出てきた場合のために、「振替伝票」機能が用意されています。

「振替伝票」と「取引」「口座振替」の違いは、下表のようになっています。

 

振替伝票

取引・口座振替

登録形式

仕訳(複式簿記形式)

freeeの「取引」形式
(口座または決済期日を入力)

登録方法

[決算](または[確定申告])→[振替伝票]

[取引]メニューより様々な方法で登録可能

決済方法

未決済分を消し込む仕訳を入力

または

未決済取引を作成することで取引と同様に処理可

取引の決済情報を入力

または

「自動で経理」で消込

決算書類、収入・支出・収支レポートへの数値反映

反映

反映

売掛・買掛レポートへの数値反映

未決済取引を作成することで反映

反映

主な利用用途

  • 修正仕訳の入力
  • 決算整理仕訳の入力
  • 貸方と借方に別々の取引先を入れたい場合
  • 資産の売却時の仕訳
  • 資産の評価下げの仕訳
  • 借入による資産の購入
  • 流動項目・固定項目の振替
  • 未払法人税等、未払消費税等の認識の決算仕訳
  • 他社製品からの乗換

左記以外のほとんどの日々の記帳

※ freeeでは特別な理由がない場合は「取引」形式で登録することを推奨しています。

 

振替伝票を作成する

1. [決算](または[確定申告])メニューの[振替伝票]から、[振替伝票を作成する]をクリックします。

2. 振替伝票の作成画面が表示されますので、仕訳を入力します。

振替伝票の作成画面は、Tabキーを押すと入力欄を移動でき、行の追加は自動で行われます。(一番下の行は空欄のままで保存できます)

また、[保存して新規作成]をクリックすると、入力した内容を保存して、再度新規作成画面を開きます。

入力する内容は下表の通りです。

対象 項目名 入力形式 説明
共通 発生日 日付  
概要 自由記述 仕訳についてメモしておきたい事項があれば入力します。
決算整理仕訳 チェックボックス 決算整理仕訳として区別したい場合はチェックします。
※各種帳簿で「決算整理仕訳」を含む検索と含まない検索ができます。
貸方
および
借方
勘定科目 選択  
取引先・品目・部門・メモタグ 新規登録または選択 貸方・借方の両方に別々のものを付与できます。 
金額 数値 税込の金額を入力します。
税区分 選択  
税額 数値 事業所の設定が税抜経理となっている場合は、消費税額を入力します。(仮受・仮払消費税の仕訳につながります)
事業所の設定が税込経理となっている場合は記入不要です。
備考 自由記述 貸方・借方の両方に別々のものを付与できます。

 

3. 作成した振替伝票は、振替伝票の一覧から確認できます。
※[レポート]→[仕訳帳]からも仕訳形式で確認できます。

 

振替伝票から未決済取引を登録する

振替伝票で登録した未決済の売掛金・買掛金・未払金・未収入金等の残高から、取引を作成できます。(この機能で取引を登録しても仕訳が二重に登録されるわけではありません)

未決済取引を作成することで、freeeへ取引を登録した時と同様に、レポートに数字を反映できます。また、freeeの取引形式で扱えるようになるため、後で消し込むことも容易になります。

1. [未決済取引を作成する]をクリックします。


2. 必要な振替伝票に対して、未決済取引を作成します。

未決済取引は、「開始残高と振替伝票の合計額(または消し込み後の残高)」から作成しますが、その作成状況に応じてステータスが表示されています。

各ステータスの意味は下表のとおりです。

ステータス 説明 必要な処理
未作成 取引が1件も作成されていない状態 [取引を作成する]ボタンをクリックして、取引を作成します。
不足 「開始残高と振替伝票の合計額」の一部が取引として作成されている場合
(表中で「開始残高 + 振替伝票残高 > 取引金額」となっている場合。つまり、取引作成後に振替伝票や開始残高の残高が増加した場合)

再度[取引を作成する]ボタンをクリックして、不足分の取引を作成します。

作成済み 開始残高と振替伝票の合計額の全部が取引として作成されている場合
(表中で「開始残高 + 振替伝票残高 ≦ 取引金額」となっている場合)

 

「開始残高 + 振替伝票残高 < 取引金額」の場合(取引作成後に振替伝票や開始残高の残高が減少した場合)は、一度取引を削除してから再度取引を作成し直します。

そうすることで、「開始残高 + 振替伝票残高 = 取引金額」となり正しく計上されます。


[取引を作成する]のボタンを選択した後、左上の[保存]ボタンを選択します。


3. 作成した未決済取引は、振替伝票の未決済取引の画面上で確認できます。


4. 発生日の青色となっているリンクをクリックすると、未決済取引の詳細を確認できます。


なお、登録した未決済取引は、freeeの「取引」として、[取引]→[取引の一覧]からも確認できます。

 

振替伝票の修正・コピー・削除・コメント

1つずつ修正・コピー・削除・コメントする

振替伝票の修正・コピー・削除・コメントを行うには、振替伝票の一覧(またはレポートメニューの仕訳帳)から振替伝票を選択して詳細を開きます。

振替伝票の詳細画面では、詳細の閲覧のほか、以下の作業を行うことができます。

  • 内容の修正
    →内容の修正をしてから[保存]ボタンをクリックします。

  • 振替伝票のコピー
    →[コピー]ボタンをクリックします。必要に応じて内容を修正して保存します。

  • 振替伝票の削除
    →[削除]ボタンをクリックします。

  • コメントを残す
    →コメント欄に投稿します。

 

まとめて修正・削除する 

振替伝票一覧のチェックボックスにチェックを入れて[一括編集]をクリックし、必要事項を入力して[保存する]をクリックすれば、チェックを入れた伝票の項目をまとめて修正できます。

また、チェックを入れた状態で[削除]をクリックすれば伝票をまとめて削除できます。



一括編集は、選択行(貸方・借方・両方のうちどれを修正したいか)と、変更したい対象、変更後の内容を選択して保存します。なお、一度に変更できるのは500行までです。

 


参考:税抜経理の場合の消費税仕訳の生成について

税額欄に入力した金額分が仮受消費税・仮払消費税として認識され、金額から差し引かれます。

例:税込108,000円の課税売上がある場合、税率8%

 仕訳帳では、次のように確認できます。

 

なお、税額欄を使用せず、仮受消費税・仮払消費税を直接入力することも可能となっています。下記の入力でも、上記振替伝票と同じ結果となります。