消費税の免税事業者です。税区分の選択は必要ですか?

Print Friendly and PDFページを印刷

A. 将来的に税区分の選択がされた決算数値が必要になる場合があります

「事業所の設定」で免税事業者を選択しても、「自動で経理」や「取引を登録」では税区分の設定項目が表示され、税区分の設定がなされるようになっています。

これは将来の納税義務を判定するための「課税売上高」を算定するためです。課税売上高以外の収入が発生する事業者は、免税期間であっても税区分を確認して取引登録の際に付ける必要があります。

また、税区分を免税事業者の時から記録しておく事で、課税事業者になった際の税金シミュレーションも可能になります。

消費税のあらましについてはこちらを参照ください。

【国税庁参考リンク】タックスアンサー|No.6501 納税義務の免除