勘定科目の設定・追加を行う

Print Friendly and PDFページを印刷

勘定科目は、取引の登録時にプルダウンから選択したり、検索して選択します。freeeでは、よく使われる勘定科目が表示されるように初期設定してあります。

検索で表示される勘定科目を変更したい場合は、[設定]→[勘定科目の設定]にて「検索での表示」の設定を変更します。

また、勘定科目が存在しない場合は、新規に追加します。

 

目次

  1. 勘定科目が検索で表示されるよう設定する
  2. 勘定科目を新規登録する
  3. 追加した勘定科目を削除する
  4. 未決済取引の相手勘定科目を設定する
  5. 参考:勘定科目の内訳管理用の取引先・品目(補助科目)を設定する
  6. 参考:不動産所得用の勘定科目を使用する(個人事業)
  7. 参考:誤ったカテゴリーで勘定を作成してしまった場合

 

勘定科目が検索で表示されるよう設定する

勘定科目の一覧に存在する勘定科目は、「検索での表示」の設定にチェックを入れることで、取引の登録時に利用できるようになります。使用したい勘定科目を入力できない時は、その勘定科目が[設定]→[勘定科目の設定]の一覧に存在しているかまず確認してみましょう。


例:勘定科目「商品」を入力できるように設定する

1.[設定]→[勘定科目の設定]にて、「商品」の編集画面を開きます。
 


2. 「検索での表示」のチェックボックスに✓を入れて保存します。


3. 勘定科目の一覧で「商品」の検索列に✓が入ります。


4. 勘定科目欄への「商品」の入力が可能になります。 

  

勘定科目を新規登録する

勘定科目の一覧にない勘定科目は、新規に登録します。

例:「サービス収入」という営業収入の勘定を追加登録する。

1. [設定]→[勘定科目の設定]から「+新しい勘定科目を登録」をクリックします。


2.登録する勘定科目の「決算書表示名」や「(消費税)税区分」を選択し保存します。

この際、新たな決算書の表示名を使用する場合には、新しい決算書表示名を直接入力する必要があります。決算書の表示名についての詳細はこちら

ショートカット機能についてはこちらをご参照下さい。

*「個人事業者」と「法人」アカウントでは「勘定科目のカテゴリー」と「決算書の表示名」が異なります。 

 3. 勘定科目の一覧の登録した勘定科目が追加されます。

 
4.登録した勘定科目が勘定科目として利用できるようになります。追加した勘定科目は、勘定科目のボックスに直接"名称"や"ショートカット"の一部を入力することで選択できます

  

追加した勘定科目を削除する

自分で新たに追加した勘定科目は、どの仕訳にも使用されていなければ、削除することができます。(初期設定で存在している勘定科目は削除できません。 )

もし、削除したい勘定科目が仕訳(取引・口座振替・振替伝票・減価償却など)で使用されている場合は、仕訳の勘定科目を別のものに変更してから勘定科目を削除します。

削除の手順は、以下のとおりです。

1.勘定科目の一覧で、削除したい勘定科目の行をクリックします。


2.[勘定科目を削除]ボタンをクリックします。

 

未決済取引の相手勘定科目を設定する

freeeでは、"決済済み"の取引は口座を相手勘定科目として仕訳を起こします。また、"未決済"の取引は各勘定科目に設定された相手勘定科目で仕訳を起こします。

"未決済"の場合にどの相手勘定科目を認識するかについては、[設定]→[勘定科目の設定]画面から編集が可能です。

編集することで、すでに登録済みの取引の相手勘定科目も一括で変更されます。かつては使用済みの勘定科目については変更できませんでしたが、現在は使用済み(仕訳が存在している)勘定科目についても変更が可能です

  • 決済済み取引も一括で変更されます。
  • 年度締めされた取引は変更されません。
  • 月締め機能を利用している場合は一括変更が行なえません。

勘定科目を新規に登録する際は、[詳細項目の設定]ボタンをクリックすることで相手勘定科目を何にするか設定することができます。

選択できる相手勘定科目は以下のとおりです。

  • 収入取引:売掛金、未収収益、未収入金、その他追加された借方勘定科目
  • 支出取引:買掛金、未払費用、未払金、(個人事業主のみ)未払消費税、(法人のみ)未払消費税等、(法人のみ)未払法人税等、その他追加された貸方勘定科目

 


参考:勘定科目の内訳管理用の取引先・品目(補助科目)を設定する

freeeの初期設定では、取引や振替伝票の登録時に、取引先・品目をどの勘定科目に対しても追加できます。取引先・品目を特定の勘定科目にひも付けて使用したい場合は、勘定科目へ「内訳管理に使用する取引先・品目」を設定します。


内訳管理用に取引先・品目が設定されると、その勘定科目について仕訳を起こす際にひも付け設定済みの取引先・品目のみが利用できます。なお、取引先については、相手勘定側のひも付けも反映されます

例:「未決済」の「売上高」勘定の収入取引を登録する。売上高の収入取引相手勘定科目は「売掛金」である。(仕訳 借 売掛金 / 貸 売上高)

  • 「売上高」勘定に取引先「フリー商事」をひも付けていて、「売掛金」勘定に取引先をひも付けてない場合
    → 取引先「フリー商事」を使用できます
  • 「売掛金」勘定に取引先「フリー商事」をひも付けていて、「売上高」勘定に取引先をひも付けてない場合
    → 取引先「フリー商事」を使用できます
  • 「売上高」及び「売掛金」勘定に取引先「フリー商事」をひも付けている場合
    → 取引先「フリー商事」を使用できます
  • 「売上高」勘定に取引先「フリー商事」を、「売掛金」勘定に取引先「シーエフオー商事」をひも付けている場合
    → 共通の取引先が設定されていないので、取引先を付すことができません

 


参考:不動産所得用の勘定科目を使用する(個人事業)

不動産所得用の勘定科目を使用するには事業所の設定を変更する必要があります。

詳しくはこちらのヘルプページをご覧ください。

 


参考:誤ったカテゴリーで勘定を作成してしまった場合

勘定科目のカテゴリーを誤っており、その勘定科目を使用した取引が残っている場合、次の手順で修正します。誤って追加した決算書表示名も削除する必要がある点に注意が必要です。

  1. 「取引の一覧」または「総勘定元帳」から「一括編集」で使用中の勘定をすべて別の勘定に一時的に変更する(わかりやすいよう未使用の勘定を用います)
  2. 「設定」→「勘定科目の設定」から、誤って追加した勘定を削除する
  3. (決算書の表示名も追加している場合)「設定」→「勘定科目の設定」から、右上の「決算書表示名を編集」をクリックし、当該の表示名を削除する



    ※ 誤って追加された「決算書の表示名」を削除しないと、別のカテゴリーで勘定を追加できません。追加しようとすると、"「表示名(決算書)」と「勘定科目のカテゴリー」の組み合わせが正しくありません。"というエラーが表示されます。
  4. 「設定」→「勘定科目の設定」から正しいカテゴリーで勘定を再度追加する
  5. 「取引の一覧」または「総勘定元帳」から「一括編集」で取引の勘定を元に戻す