事業所を削除する

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeにおける事業所とは、freeeに登録した個人事業や法人のことです。

freeeに事業所を誤って作成してしまった場合や、不要になったという場合は、事業所を削除することができます。

また、freeeから完全に退会してデータも削除したいという場合は、事業所の削除を行います。

 

目次

 

事業所の削除が不要なケース

事業所を削除することで、ご利用中のすべてのサービスのデータが削除され、復旧もできなくなります。また、お支払い済みの有料プランの残存期間も無効になります。

以下のケースに該当する場合、事業所の削除は不要です。

  • お支払いが停止済みの場合(事業所が残っていてもお支払いは発生しません)
  • メールの配信を停止したい場合こちらに記載の手順で停止できます)
  • 登録内容をリセットしたい場合リセット機能をご利用いただけます)

事業所を残しておくことで、これまでに入力したデータは保持されますので、再度お支払い登録をすることでスムーズに利用を再開できます。

 

事業所の削除手順

  1. ご利用のすべてのサービスのお支払いを停止します。(手順:会計人事労務電子公告
  2. 「電子帳簿保存」を有効にしている場合は無効に切り替えます。(手順
  3. 事業所作成者の方のアカウントで会計freeeにログインします。
  4. [設定]→[事業所の設定]を開きます。
  5. 画面右下の[事業所の削除に進む]をクリックします。(表示されない場合はこちら
  6. 最終確認事項に同意の上、パスワードを入力して[事業所を完全削除する]ボタンをクリックします。

 

事業所の削除ができない場合

事業所の設定画面で「事業所の削除に進む」が表示されない場合は、以下の方法で削除することができます。

事業所を削除できないケース

削除方法

お支払いの停止がお済みでない場合

会計freeeはこちら、人事労務freeeはこちらの手順でお支払いを停止後、再度事業所の削除をお試しください。

事業所の作成者以外の方がログインしている場合

事業所の作成者の方に削除をしていただいてください。

※ 事業所の作成者を変更したい場合は、freeeサポートデスクにお問い合わせください。

以下の全てに該当する場合

  • 会社設立freeeをご利用になったことがある
  • freee電子公告がご利用中になっている

こちらの手順でfreee電子公告のお支払いを停止後、再度事業所の削除をお試しください。

以下の全てに該当する場合

  • 会社設立freeeをご利用になったことがある
  • 「設立」ステップ最下部の[設立を完了する]ボタンを押したことがある

お客様ご自身で削除ができない状態です。

弊社で削除を代行いたしますので、freeeサポートデスクまでお問い合わせください。

以下の全てに該当する場合 

  • 開業freeeをご利用
  • 開業freeeで屋号を入力した(または会計freeeで事業所名を設定している)
  • 開業freeeの「提出」ステップの[会計ソフトfreeeを試す]ボタンをクリックしたことがある

以下の手順で操作を行った後、事業所の削除をお試しください。

  1. 会計freeeの[設定]メニュー内[事業所の設定]を開く
  2. 「事業所名(会社名) 」欄の内容を「事業所名(未設定)」に変更する(「」内をコピー・ペーストして誤入力ください)
  3. 再度事業所の削除をお試しください。