個人事業主向け 会計freee 使い方ガイド

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

会計freeeは、面倒だった帳簿付けを自動化・効率化し、見積書や請求書発行などの業務も効率化できるクラウド会計ソフトです。

ここでは、会計freeeの基本的なご利用方法の流れをご紹介します。

 

目次



会計freee ご利用の流れ

会計freeeのご利用の流れは、主に「初期設定」「帳簿付け」「確定申告」の3ステップに分かれます。

会計freeeでは、以下の機能で帳簿付けを効率化できます。

  • 銀行口座やクレジットカードの利用履歴を取り込んで自動で帳簿付け
  • レシートの写真と取引を紐付けて登録
  • 発行した請求書の内容を自動で帳簿付け

1年分の帳簿付けが終われば、いくつかの質問に答えるだけで確定申告書を作成できます。

確定申告を行うためのfreeeのご利用方法は、以下のe-bookにもまとめております。



個人事業主の会計について

個人事業主の帳簿付け(会計)は、主に以下の理由から行う必要があります。

  • 確定申告をするため
    - 事業の「もうけ(所得)」を申告して税金を収める義務があるため

  • 経営状態を把握するため
    - 事業の経営状態を改善し、適切な資金繰りを行うため

そのため、会計ソフトであるfreeeには、事業に関するお金の出入りを記録しますので、事業専用の銀行口座やカードを用意すると管理・記録がしやすくなります。



初期設定を行う

アカウントを登録する

まずはこちらのページから、freeeのアカウント(ユーザーと事業所)を登録しましょう。

事業所を作成したら、その事業所で利用するプランを選択します。
(プランは、1ヶ月間無料で試してから本利用することもできます)

 

口座を登録する

次に、事業で利用している決済手段を「口座」として登録します。

※ここでいう「決済手段」には、現金・銀行口座・クレジットカード・決済サービスなどを含み、会計freeeではそれらをすべて「口座」と読んでいます。

口座を登録する際にオンラインバンキングなどの情報を入力すると、利用明細の取り込みから帳簿付けまでを自動でできるようになります。(口座の同期)

 

開始残高を設定する

口座を登録したら、freeeを利用し始める年度の1月1日(または開業日)時点での各種残高を設定します。

前期末の決算書の内容を書き写すか、通帳などを参照して記入しましょう。

freeeでは、この開始残高に日々の取引の累計金額を合計したものを、帳簿の残高としてカウントしています。

 

帳簿付けを行う

基本的な帳簿付けの方法

freeeでは、以下のように帳簿付けを行います。

お金が出る・入ることが確定したら「支出」「収入」
実際にお金が出入りしたら「決済」(消し込み)

  • 確定(発生)と決済が同日の場合
    - 決済状態を「完了」で取引を登録します。
    (取引と決済が同時に登録されます)

  • 確定(発生)と決済が別日の場合
    - 決済状態を「未決済」で取引を登録し、別途「決済」を登録します。
    (勘定科目「売掛金」などは通常使用しません)

口座間で資金が移動したら「口座振替」

  • 以下のケースはすべて「口座振替」として登録します。
    - freeeに登録した口座間の資金移動
    - 現金の引き出し・預け入れ
    - クレジットカードの利用料金の引き落とし

 

帳簿付けに便利な機能

会計freeeでは、さまざまな機能で帳簿付けを自動化・効率化できます。

【ファイルボックス】

【請求書の作成機能】

利用する場面

利用する機能

機能の特徴

銀行やクレジットカードの明細を同期している場合

自動で経理

最初は手動で登録しますが、登録内容を学習して帳簿付けを自動化していきます。

請求内容や未払金などの消し込み(決済)もカンタンに行えます。

レジアプリや外部の決済サービスなどを利用している場合

外部サービスとの連携(自動で経理)

他社で提供されているレジアプリ、ECサイト、決済サービス、レシート読み取りサービス、請求書作成サービスなどのデータを取り込んで帳簿付けできます。

レシートや請求書を受け取った場合

レシート・請求書の取り込み(ファイルボックス)

書類の画像をスマホやスキャナで取り込んで、写真と取引を紐付けて登録できます。

取引先に請求書などを発行する場合

見積書・納品書・請求書の作成

請求書を発行すると、請求内容の帳簿付けも自動で行えます。

通帳などを見ながら手動で帳簿付けしたい場合

取引を登録

手動で日々の取引を登録していきます。

帳簿の内容を集計して分析したい場合

取引先・品目・部門・メモタグ

取引に、取引先・品目・部門・その他の情報を任意で付与することができます。

単価が10万円以上のものを購入した場合

固定資産台帳

固定資産に該当するものを登録することで、自動で適切な経理処理(減価償却)を行います。

その他の便利な機能については、こちらをご覧ください。

 

確定申告を行う

12月発生分までの帳簿付けが終わったら、確定申告を行いましょう。

会計freeeでは、難しい制度の知識がなくても、やさしい言葉の質問に答えていくだけで確定申告書を作成できます。これにより、自分が受けることのできる控除(税金の一部免除)もしっかり受けることができます。

 


参考:不明点はサポートデスクへ問い合わせて解決

freeeでは電話・チャット・メールでサポートを受け付けています。
(電話サポートは、プレミアムプランでのみご利用いただけます)

freeeの画面を見ながらお問い合わせできますので、ご自身の課題をスムーズに解決できます。

 


参考:レポート機能でカンタンに経営状態を把握

会計freeeでは、帳簿付けされた内容から自動でレポートが作成されますので、損益の推移や、今後の資金繰りを一目で確認することができます。

 


参考:モバイルでも使える会計ソフト freee

freeeでは、iOS・Android向けのモバイルアプリも提供しています。

外出先で、リビングで、気軽に帳簿付けを行うことができます。