給与明細の取引を会計freeeで決済する

Print Friendly and PDFページを印刷

人事労務freeeで明細を確定すると、「給与支払い」のデータが「未決済(まだ支払っていない)の会計データ」として会計freeeに入力されます。 

会計freeeに自動登録される会計データは、全従業員の給与総額で登録されます。ここでは、登録された会計データの確認方法と、決済方法をご案内します。

 

目次

  

会計freeeに登録された取引を確認する

人事労務freeeから登録された給与支払の取引は、各従業員分の合計が1つにまとめられて登録されています。また、決済状態も未決済になっています。

【人事労務freee:給与明細】
__________2017-09-22___5.52.17.png

【会計freeeに登録された取引】


一方、実際に従業員へ給与を支払った際に取り込まれる明細は、各従業員ごとに分かれています。(総合振込の場合、この限りではありません)

【会計freee:給与支払い後の「自動で経理」画面】
 

この時、別々に取り込まれた明細から、給与支払いの未決済取引を消し込む必要があります。

 

決済を登録する

実際に給料や保険料を支払ったら、未決済取引に決済の登録(消し込み)を行います。
※人事労務freee上の「支払い日」と異なる日付で支払った場合でも、実際に支払った日付で決済を登録します。

決済の登録は、「自動で経理」を利用する場合と、手動で登録する場合とで異なります。

「自動で経理」を利用する場合

1. 給与支払い分の明細中から一つを選び、[編集]ボタンをクリックします。


2. [未決済取引の消し込み]タブを開きます。


3. [未決済の取引から選択する]をクリックします。


4. 人事労務freeeから登録された取引のうち、給与支払い分の取引(品目などの欄に「給料手当」「役員報酬」などを含む取引)にチェックを入れます。


5. 取引一覧の「今回決済金額」欄に、明細の金額を入力し、[決定]をクリックします。


6. [登録]をクリックします。これで従業員1人目へ支払った分の決済(消し込み)は完了しました。


7. 残りの従業員へ支払った分の明細も、1〜6の手順で決済を登録します。


8. [取引]→[取引の一覧]を開き、当該取引が全額決済されていることを確認します。(期日欄にチェックが入っていれば決済済みです)


※ 取引をクリックすれば決済情報の詳細を確認することもできます。

 

手動で登録する場合

[取引]→[取引の一覧]より当該取引をクリックし、[決済を登録]から決済情報を登録します。

 


参考:人事労務freee側で給与明細を未確定に戻したとき

人事労務freeeから会計freeeに登録された取引は、給与明細を未確定に戻すと削除されます。

再び給与明細を確定すると、再び会計freeeに取引が登録されます。