給与計算freee 使い方ガイド

Print Friendly and PDFページを印刷

給与計算freeeを使えば、勤怠管理・給与計算・年末調整といった給与事務を、オンラインでカンタンに終わらせることができます。

ここでは、給与計算freeeの使い方について、その概要をご紹介します。

 

目次



給与計算freeeのご利用の流れ

給与計算freeeのご利用の流れは、主に「基本設定」「毎月の給与計算」「年末調整」の3ステップに分かれます。

それぞれ、一部の作業を従業員に行なってもらうことができますので、管理者の負担を大幅に軽減できます。

もちろん、給与の計算は自動で行われ、各種制度の改正にも自動で対応します。

 

給与計算freeeの基本操作

給与計算freeeは、基本的に月ごとに各種情報を入力します。

各種入力をする際は、どの月から変更したいのかを画面上部で選択してから、給与規定や従業員情報を入力していきましょう。



 

基本設定を行う

給与規定

最初に、自社の給与計算ルールや、社会保険や税の設定をします。

ここでの設定内容は、基本的にすべての従業員に適用されます。

 

従業員の登録と招待

給与規定を設定したら、従業員情報を登録します。

この時に従業員を「招待」すると、従業員のアカウントが発行されます。

アカウントを持つ従業員は、自分で従業員情報や勤怠を入力したり、給与計算freee上で給与明細を閲覧したりできますので、管理者の給与事務の負担を大幅に軽減できます。

 

もちろん、従業員を招待せずに登録することもできます。

 

個人情報や基本給などに変更があった場合は、以下のヘルプページを参考にしながら情報を編集しましょう。

 

勤怠を入力する

日々の勤務や欠勤の記録を、勤怠として入力します。

まずは、割増賃金(残業代など)の計算方法の設定を確認しましょう。

もちろん、有給休暇の付与・消化にも対応しています。

 

従業員の勤怠は、下表のように様々な方法で入力できます。

入力する人

端末

入力方法

ヘルプページ

管理者

従業員

PC

1日ずつ入力する

勤怠を入力・管理する

 

モバイル

1日ずつ入力する

【iOS】勤怠を入力・確認する

【Android】勤怠を入力・確認する

 

PC

1ヶ月間の合計を入力する

(勤怠を入力・管理する)
1ヶ月分の勤怠をまとめて入力する

 

PC

タイムカードデータや他社の勤怠ソフトからの取り込み

他社サービスで入力した勤怠データを取り込む

 

 

給与を計算して給与明細を発行する

自動計算された給与額を確認する

勤怠を入力し終えたら、自動で給与の金額が計算されますので、[給与明細]メニューから確認します。

 

自動計算された給与額を修正する

給与計算freeeでは、事業所の給与規定、各従業員の情報、入力された勤怠の情報を元に、その月の給与額(基本給や手当の支給額・社会保険や税金などの控除額)を計算します。

そのため、給与の計算結果が間違っていた場合は、給与規定・従業員情報・勤怠の内容を見直し、必要に応じて修正します。

※給与明細の金額は直接編集することもできますが、直接編集を行うと自動計算が解除されてしまいます。基本的には直接編集せず、上記の設定内容を確認します。

 

給与明細を確定・発行する

計算結果が問題なければその内容を確定して、給与明細を発行しましょう。

給与明細を確定することで、給与事務に必要な各種書類の発行や、年末調整も可能になります。



アカウントが発行されている(招待済みの)従業員は、PCはもちろん、モバイルでも給与明細を確認できます。

 

 

 

給与の振り込みと帳簿付けを行う

給与計算freeeを使えば、従業員への給与振込もまとめて行うことができます。

また、給与計算freeeと会計freeeを併用している場合は、給与明細の内容を自動で帳簿付けすることもできます。



年末調整を行う

給与計算freeeで給与明細を発行していけば、年末調整に必要な情報も保存されていきますので、煩雑だった年末調整も効率よく行うことができます。

従業員から扶養親族や各種控除の申告内容を集めれば、年末調整は数ステップで完了します。

 


参考:人事労務の各種書類も発行可能

給与計算freeeには、給与事務・人事総務に必要なあらゆる情報が集められています。

給与明細を確定するとそれらの情報も確定されますので、以下のような書類も発行できるようになります。

また、煩雑な労働保険の年度更新も、給与計算freeeを使えばカンタンにオンラインで完結できます。