事業所を初期化するには、どうしたらいいですか?

Print Friendly and PDFページを印刷

事業所に登録した会計データを一括で削除したい場合は、リセット機能を使用します。取引のみ、請求書のみなど、特定の種類の会計データだけをリセットすることもできます。

※ 「固定資産台帳」、「在庫棚卸」の情報は別途手動で削除する必要があります。

 

0. リセット機能を利用するには、 [設定]→[リセット]をクリックします。


 
1. リセットする期間を設定します。今期以降の全期間か、特定の期間を指定できます。

※ 年度締め・月締めをした期間のデータは削除できません。削除したい場合は先に締めを解除します。
※ 一度リセットしたデータは復旧できませんので、対象期間の設定には特に注意してください。

 

2. リセットする対象の会計データの種類を選択します。

選択できる会計データの種類は以下のとおりです。

会計データの種類

説明

明細

対象の明細を「登録待ち」の状態に戻します。

※「登録待ち」の状態に戻すと、明細が「自動で経理」に再度表示されます。
※「自動で経理」に表示されないようにしたい場合は、明細を「無視」します。

請求書

請求書と、請求書から登録された取引を削除します。

取引

収入取引と支出取引を削除します。

取引に紐づく請求書は下書き状態に戻ります。

口座振替

口座振替を削除します。

振替伝票

振替伝票を削除します。

自動登録ルール

指定期間内に作成された自動登録ルールを削除します。

ファイル

ファイルボックス内のファイルを削除します。

 

3. リセット内容を確認し、[リセットする]ボタンをクリックします。

 

4. [リセットを確定する]ボタンをクリックして、リセットを開始します。

※ このボタンをクリックすると、リセットを中止・取消することはできません。
※ 一度リセットしたデータは復旧できません。

 

5. リセットが完了すると、下図のような黒いバーに通知されます。赤枠部分をクリックすることでリセットの履歴を確認できます。履歴は、[リセット履歴]のリンクから後から確認することもできます。


リセット履歴では、リセット対象のデータ・期間と、リセット日時、結果を確認できます。