期首在庫の登録について

Print Friendly and PDFページを印刷

期首在庫とは、前期末在庫をそのまま翌期首に繰り越したものです。 前期にfreeeで在庫棚卸の処理を行うと、期首在庫は自動で表示されています。

前期にfreee以外の会計ソフトをご利用いただいた場合、freeeに期首在庫の金額を開始残高として入力します。

 

期首在庫の登録をする (前期にfreeeをご利用いただいていない方)

1.[設定]→[開始残高の設定]→[開始残高の詳細編集]を選択します

 

2. 前期末の決算書に記載されている金額を転記します。

  

3.[確定申告]→[在庫棚卸]を選択します。

開始残高に入力した金額が自動で転記されていることが確認できます。期首在庫の会計処理は自動で行われているため、開始残高に金額を入力していれば処理は終了です。

 

期首在庫の登録をする(前期freeeをご利用いただいた方)

前期に在庫棚卸の処理を行えば、[年度締め]を行うことで期首在庫は自動で処理されますので、特に特に期首時点で処理は必要ありません。

 

[仕訳帳]を確認すると、翌期首日付で自動で処理が行われています。