レシート類をスキャナで取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

ファイルボックス機能は、領収書や請求書をfreeeに取り込むことで、煩雑だった各種作業を効率化します。

ここでは、スキャナで書類をスキャンしてfreeeに取り込む方法をご紹介します。

※ freeeの電子帳簿保存機能をご利用頂くことで、原本の保管も不要になります。(詳しくはこちら

  

目次

 

ScanSnapを利用する場合

ScanSnapを使えば、大量の領収書・請求書をまとめて取り込みます。ふだん作業時間がとれない方や、全従業員分の領収書をまとめて取り込む場合に便利です。

ここでは、同機能搭載の機種iX100を例に操作手順をご紹介します。
 

ご利用にあたり必要なもの

モバイル版 会計freeeでScanSnapによる取り込み機能を使う場合は、あらかじめ以下のものを用意します。

※ScanSnap Connect Application非対応のScanSnapをご利用の方は、ScanSnapで読み取った書類データをWeb版freeeにアップロードします。手順はこちらと同様です。

iOS版 会計freeeの場合

1. ScanSnapの電源を入れ、WiFiに接続しておきます。また、この際、スマートフォンとScanSnapを同じWi-Fiに接続しておきます。
iX100は、本体後ろにWiFiのオン・オフボタンがあるので、オンにセットします。ふたを開けると、自動で電源がはいります。

2. スマートフォンからiOS版freeeを立ち上げます。
左メニュー→[ファイルボックス]→右上のアクションボタンから、[ScanSnapから読み込む]をタップします。
 


3. ScanSnapにスキャンする領収書・請求書を差し込み、読み取ります。
※ 大量のレシート類を連続して読み取る場合は、1枚ずつ位置やタイミングをずらすことで、よりスムーズに取り込むことができます。

 

4. スキャンが完了すると確認画面が表示されきます。[終了]をタップします。

 

5. iOS版 会計freeeに戻るので、画面右上の[保存]をタップし、画像を取り込みます。保存すると、自動でファイルボックスの一覧画面に移動します。
 


6. 取引を紐付けて登録したい写真を選択し、[取引を登録する]ボタンをタップして取引情報を登録します。


この際、写真をアップしてから数十秒待ってから写真を選択すると、OCRという機能(画像データから文字を解析する機能)により、自動で項目が入力されています。


※スマートフォンで取り込んだ書類を、Web版 会計freeeで帳簿付けすることもできます。詳しい手順はこちらをご覧ください。

 

Android版 会計freeeの場合

1. ScanSnapの電源を入れ、Wi-Fiに接続しておきます。
iX100は、本体後ろにWi-Fiのオン・オフボタンがあるので、オンにセットします。ふたを開けると、自動で電源が入ります。また、この際、スマートフォンとScanSnapを同じWi-Fiに接続しておきます。

2. スマートフォンからAndroid版 会計freeeを立ち上げます。
左メニュー→[ファイルボックス]→右上のメニューボタンから、[ScanSnapから読み込む]をタップします。
 


3. 右下のスタートボタンをタップし、ScanSnapと接続します。
※初回の接続時はパスワードが求められるので、ScanSna本体に記載されているパスワードを入力します。


4. ScanSnapにスキャンする領収書・請求書を差し込み、読み取ります。
※ 大量のレシート類を連続して読み取る場合は、1枚ずつ位置やタイミングをずらすことで、よりスムーズに取り込むことができます。

5. スキャンが完了すると確認画面が表示されますので、右上の保存ボタン(フロッピーディスクのマーク)をタップします。


6. 保存した画像をタップし、取引を登録します。
(詳しい手順はこちらの4.以降と同様です。)

 

ScanSnap Cloudを利用して取り込む

ScanSnapの開発元(富士通)が提供するクラウドサービス「ScanSnap Cloud」を利用して、スキャンした書類データをfreeeに直接取り込むことができます。

詳しいご利用方法については、富士通のこちらのページにある「クラウドサービスと連携」のマニュアルをご覧ください。

なお、ScanSnap Cloudで取り込む場合、freeeで最後にログインした事業所のファイルボックスに書類データが取り込まれますのでご注意ください。

 

一般のスキャナを利用する場合

一般のスキャナを利用する場合は、以下の手順でfreeeに取り込みます。

  1. スキャナで書類をスキャンします。この時、複数枚をまとめてスキャンすることもできます。(詳しくはこちら
  2. 書類の画像データをfreeeに取り込みます。(詳しい手順はこちら