POS+(ポスタス) - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

POS+とアカウント連携することで、レジ(売上)データをfreeeへ自動で取り込むことができます。

POS+のデータは、レジクローズの処理がなされたタイミングで送信されます。

freee API

 

POS+との連携の特徴

  • POS+でレジクローズ処理をしたタイミングでfreeeに取引データが送信されます。
  • POS+から取り込まれたデータは、「売上高」という勘定科目が自動設定されます。
  • 品目(補助科目)には「【POS Regi】現金」「【POS Regi】クレジット」等【POS Regi】という文字列がついた金種のものが設定されます。
  • POS+で「現金」以外の支払い方法で登録されたデータは、「未決済の売掛金」としてfreeeに登録されます。

 

POS+からfreeeへの連携を設定する

  1. 適切な権限を持つユーザーIDでPOS+の管理画面にログインします
    __________.PNG

  2. [基本設定]→[サービス連携]→[会計連携設定(freee)]に進みます。
    _______freee_.png

  3. [認証コード取得]をクリックします。
    _______.png

  4. freeeのログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力します。なお、freeeにログインしている状態で同期設定を行うと、この段階はスキップされます。
    log-in.PNG

  5. freeeの画面に認証コードが表示されるので、コピーして、会計連携設定(freee)認証コード欄に張り付けます。
    Authorization_code.png

    input-code.png

  6. [連携開始]をクリックすると連携されます。

  7. 連携設定完了後、事業所設定欄に店舗一覧が表示されるので、連携したい店舗に対して事業所を選択し、[登録]をクリックします。「サービス連携結果」画面からは結果を確認することができます。
    freee________.png

 

POS+から連携されたデータを確認する

1. [取引]→[取引の一覧]を開き、品目を「POS+」で絞ります。

2. POS+経由のデータを一覧で確認することができます。


3.取引をクリックすると、取引の詳細情報の確認や修正することもできます。

 

決済情報を登録する

POS+で「現金」以外の支払い方法で登録されたデータは、未決済状態の「売上高」としてfreeeに登録されます。

これらについては、次のいずれの方法で処理いただいても差し支えありません。

  • ①入金時に一括で未決済取引の消し込みとして処理する
  • ②一度売掛金口座に溜めたのち、入金を売掛金口座 → 入金口座の口座振替として処理する

①取引ごとに消し込みをする

自動で経理から決済を登録します。

手動で消し込みを行います。

 

②カード売上口座を設定して総額を口座振替する

1. freee上にカード売上口座を作成します。
2. 入金があった場合、カード売上口座と銀行口座で口座振替をします。