従業員に支払った給与を記入する(給料賃金の内訳)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

パートやアルバイトなどの従業員を雇用している場合は、支払った給料を経費に算入できます。

対象となる方は、1年間に従業員に支払った給与や徴収した源泉税などを、青色申告決算書の「給料賃金の内訳」欄に記入します。

 

目次



記入の対象となる方

自分の事業に従事するパートやアルバイトなどの従業員を雇用している方が対象です。

家事手伝いなど、事業とは関係のない雇用は対象外です。

また、生計を一にする親族に支払う給料は、「給料賃金」ではなく「専従者給与」として扱います。(詳しくはこちら



記入する理由・節税効果

記入することで、従業員に支払った給料を経費に算入できます。

算入した金額分は課税対象から外されますので、その分の節税効果が見込まれます。



freeeでの記入手順

freeeで日々の記帳を行っていれば、質問に回答するだけで自動的に申告書に正しい内容が記入されます。

以下に、freeeでの具体的な記入手順をご紹介します。

記入時に用意する書類

従業員ごとの源泉徴収票を発行している場合は、そちらを参照しながら入力するとスムーズです。

 

取引を確認・登録する

1.[取引]→[取引の一覧]を開きます。

2.取引の絞込機能などを活用しながら、給料賃金の支払内容が以下のように登録されているかを確認します。

取引の種類

給与

賞与

源泉徴収税
従業員からの預り

源泉徴収税
税務署への支払い

区分

支出

支出

収入

支出

勘定科目

給料手当

賞与

預り金

預り金

取引先

従業員

従業員

従業員 従業員

品目(例)

 

 

源泉徴収税

源泉徴収税

金額

額面の金額

額面の金額

額面から差し引いた源泉徴収税額

額面から差し引いた源泉徴収税額

発生日

支払日

支払日

支払日

給与の支払日

決済日

支払日

支払日

支払日

税務署への支払日

備考

給与と源泉徴収税額は複数行の取引にしてまとめると管理しやすくなります。

従業員ごとに行を分けた複数行の取引として登録すると、金額を集計しやすくなります。  

3.もし表のように登録されていなかった場合は、必要に応じて修正・登録します。

 

取引の合計金額を確認する

従業員に源泉徴収票を発行している場合はそちらを参照しながら確定申告画面で入力するとスムーズですが、もし発行していない場合は、以下の手順で給与などの金額を確認します。

1.[レポート]→[試算表:損益計算]を開きます。

2.「表示するタグ」欄で「取引先」を選択します。


3.勘定科目「給料手当」「賞与」の行の「○○年末-12月」の列に記載された金額を確認します。こちらが、確定申告書類の作成画面(後述)の「給与」「賞与」欄に入力する金額です。


4.[レポート]→[試算表:貸借対照表]を開きます。

5.「表示するタグ」欄で「取引先」を選択し、源泉徴収の取引に設定した品目を「品目」欄に入力して、[絞り込む]ボタンをクリックします。


6.勘定科目「預り金」の行の「貸方金額」の列に記載された金額を確認します。こちらが、確定申告書類の作成画面の「源泉徴収税」欄に入力する金額です。

 

申告書へ反映する内容を登録する

「確定申告書類の作成」画面の「収支」ステップを開き、「パートやアルバイトなど従業員に給与を支払いましたか?」に回答します。その内容が青色申告決算書に自動で記入されます。

申告対象年の1月〜12月に支払った給与額と、預かった源泉徴収税額を、以下のように入力します。

なお、6行目には、6人目以降の従業員の月数・賃金・賞与・源泉税額の合計額を入力します。

freee上の項目名

説明

申告書上の反映先

氏名

従業員の氏名を入力します。

氏名

年齢

従業員の年齢を入力します。
※ 氏名の入力後に、年齢の入力欄が表示されます。

年齢

働いた期間

年中に従業員が働いた月数を入力します。

従事月数

給与

申告対象年中に従業員へ支払った給料の額面の金額(上記手順で確認した金額)を入力します。

支給額

給料賃金

賞与

申告対象年中に従業員へ支払った賞与の額面の金額(上記手順で確認した金額)を入力します。

賞与

給与+賞与

損益計算の「給料手当」と一致していることを確認します。※詳細後述

合計

源泉徴収税

源泉徴収した金額(上記手順で確認した金額)を入力します。 源泉徴収をしていない場合は0とします。

源泉徴収税額

 

申告書上の反映先

freeeで各項目を入力すると、青色申告決算書の2ページ目の右上にある「給料賃金の内訳」欄に自動で反映されます。

【青色申告決算書 2ページ目】


もし、申告書に反映される内容を直接編集したい場合は、確定申告書類の作成画面の右上にある[直接入力編集へ]をクリックします。