扶養控除の内容を記入する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

養っている親族の方がいる場合は、その年齢や人数に応じて税金の一部を免除してもらうことができます。これを扶養控除といいます。

ここでは、扶養控除の概要と、freeeでの記入手順についてご紹介します。

 

目次



記入の対象となる方

養っている親族(扶養親族)の中に16歳以上の親族がいる方が対象です。

ただし、税法上「養っている親族(扶養親族)」と認められるのは、以下の条件を満たす親族に限ります。(詳しい条件はこちらの「3 扶養親族」を参照)

  • 6親等内の血族もしくは3親等内の姻族(配偶者は扶養親族には該当せず、別途「配偶者」として扱います)
  • 申告者と生計を同じにしている
  • 所得金額が38万円以下(収入が給与のみの場合は、給与の額面が103万円以下)
  • 専従者給与の適用を受けていない

なお、16歳未満の扶養親族がいる場合も、その情報は申告書に入力する必要がありますのでご注意ください。

※配偶者がいる場合は、代わりに配偶者(特別)控除を受けることができます。



記入する理由・節税効果

上記に該当する方は、扶養親族の年齢などに応じて一定の金額を課税対象から外すことができます。

なお、freeeでは年齢などの情報を入力するだけで、当てはまる控除や控除額を自動で判別して書類に記入します。

区分名

年齢

同居

控除額

税率20%の場合の
節税額の例

一般の控除対象扶養親族

16歳以上19歳未満

または

23歳以上70歳未満

-

38万円

7万6千円

特定扶養親族

19歳以上23歳未満

-

63万円

12万6千円

老人扶養親族

70歳以上

同居している

58万円

11万6千円

同居していない

48万円

9万6千円


 

freeeでの記入手順

freeeでは、質問に回答することで自動的に申告書に正しい内容が記入されます。

以下に、freeeでの具体的な記入手順をご紹介します。

申告書へ反映する内容を登録する

「確定申告書類の作成」画面の「収支」ステップを開き、質問「子供などの扶養家族はいますか?」に回答すると、自動で書類に反映されます。

  • 「所得」欄は、親族の方がお勤めの場合(所得が給与のみの場合)は職場から受け取った源泉徴収票に記載されている「給与所得控除後の金額」を入力します。それ以外の場合は、事業の帳簿などから所得金額を転記します。給与とそれ以外の所得を両方得ている場合は、各所得の合計金額を計算して記入します。

  • 「障害」欄は、親族の方が障害者の場合は該当するものを選択します。税法上の分類基準については、こちらの国税庁サイトをご覧ください。

  • 扶養親族が4名以上いる場合の記入方法は、こちらをご参照ください。



 

申告書上の反映先

freeeで各項目を入力すると、扶養親族の入力内容に応じて、以下のように反映されます。

入力内容 反映先 反映内容
障害欄で「該当なし」を選択 確定申告書B第一表の「扶養控除」欄 国税庁が指定する要件で自動計算された扶養控除額
確定申告書B第二表の「扶養控除」欄 扶養控除額の内訳
障害欄で「障害者」を選択  確定申告書B第一表の「勤労学生、障害者控除」欄 「障害者」に適用される控除額 27万円
確定申告書B第二表の「障害者控除」欄 障害者の氏名
障害欄で「特別障害者」を選択 確定申告書B第一表の「勤労学生、障害者控除」欄 「同居特別障害者」に適用される控除額 45万円※
確定申告書B第二表の「障害者控除」欄 障害者の氏名
16歳未満など、控除の対象外の親族 なし なし

※ 扶養親族は基本的に同居しているため、入力欄で「特別障害者」とした場合、障害者控除は「同期特別障害者」として適用されます。
もし、障害者控除を「特別障害者」として適用したい場合は、確定申告書類の「直接入力編集」画面を開いて控除額を直接40万円に書き換えます。

また、上記のいずれの場合も、確定申告書B第二表の「住民税」欄にある「16歳未満の扶養親族」欄にも、扶養親族の氏名・続柄・生年月日が反映されます。

【確定申告書B 第一表/第二表】
 

もし、「申告書に反映される内容を直接編集したい場合は、確定申告書類の作成画面の右上にある[直接入力編集へ]をクリックします。

 


参考:扶養親族が4名以上いる場合

扶養親族が4名以上いる場合、以下のように記入します。

紙で申告する場合

  1. 「確定申告書類の作成」画面の「直接入力編集」画面を開きます。
  2. 「確定申告書B」タブを開き、第二表の「所得から差し引かれる金額に関する事項を編集」を開きます。
  3. 「(21)〜(23)配偶者(特別)控除・扶養控除」欄の1行目の「控除対象扶養親族の氏名」欄に、「別紙参照」と入力します。
  4. 同じく1行目の「控除額」欄に、自分が受ける扶養控除の合計額を手計算して記入します。(計算方法はこちら
  5. 扶養親族の詳細(扶養親族の氏名・続柄・生年月日・控除額・マイナンバー)を記した別紙を作成して、申告時に添付して提出します。

電子申告をする場合

  1. freeeでは、扶養控除の内容を飛ばして入力し、申告書のデータを作成します。
  2. 申告書のデータをe-taxに送信します。
  3. 送信後、申告内容の編集画面を開き、扶養控除の内容を追加します。(e-taxソフトでは4行目以降も追加できます)
  4. 扶養控除の内容を追加後、e-taxに再送信します。