従業員・管理者の操作権限を管理する

Print Friendly and PDFページを印刷

給与事務を効率化するため、管理者だけでなく、従業員にもアカウントを発行しましょう。従業員が自分で個人情報や勤怠を入力したり、給与明細を確認できるようになります。

ここでは、給与freeeの管理者・従業員アカウントについてご説明します。

 

目次

 

給与事務を効率化する「従業員アカウント」

給与freeeでは、従業員自身に給与freeeにログインしてもらうことで、管理者の負担を軽減することができます。

管理者が従業員にアカウントを発行することで、従業員が自分で個人情報や勤怠を入力したり、Web上で給与明細を確認できるようになります。


例えば、従業員Aさんの情報が登録されていても、管理者がAさんの従業員アカウントを発行しない限り、Aさんは自分の勤怠を入力したり、給与明細を確認したりすることはできません。

 

各アカウントの権限について

管理者アカウントは全ての情報を閲覧・編集できますが、従業員アカウントは自分自身の情報しか閲覧・編集できないようになっています。

なお、[設定]の設定メニュー一覧から[権限管理]タブより「従業員による従業員設定の更新を許可制にする」にチェックを入れることで、従業員による変更は許可制となります。
_____.png


許可制とした場合、まず従業員が変更したい項目について管理者へリクエストを提出し、管理者が許可したのちに従業員が変更します。


※ リクエストの提出 / 承認が行われた際にはメールで通知されます
※ リクエストの状況は従業員側のホーム画面にも表示されます


※ 従業員が一度変更を保存すると、許可は失効します。 再度変更する場合はリクエストが必要となります。

 

各権限で変更できる項目は、以下の表のとおりです。

 

管理者

従業員

従業員情報の登録


全情報を登録可能


基本情報、交通費、扶養者、振込先口座のみ登録可能

勤怠


全従業員分を入力可能


自身の分のみ入力可能

有給休暇


全従業員について、有給の付与と勤怠への入力が可能


自身の勤怠への入力が可能

給与明細・賞与明細


全従業員分を発行可能


自身の分のみ確認可能

freee for チーム
(従業員向けモバイルアプリ)


自分自身を従業員として招待することで利用可能


スマートフォンから、勤怠の登録や、給与明細の確認が可能

給与規定などの各種設定


可能

×
不可

書類作成・各種手続
(総合振込依頼ファイル・
労働保険の年度更新など)


可能

×
不可

年末調整


全従業員分の入力と、入力内容の確定、税務署などへの提出書類の発行が可能


配偶者、扶養家族、各種保険料額、住宅借入金等特別控除などの情報を入力可能

入力内容が確定された後は、年末調整の内容を反映した源泉徴収票を発行可能



アカウントを発行する

従業員アカウントを発行するには、まず管理者アカウントを発行する必要があります。

管理者アカウント

管理者アカウントは、以下のいずれかの方法で発行できます。

アカウントの発行対象

発行方法

給与freeeの管理者権限が自動で付与される

(給与freeeの権限設定メニューで管理者権限を外せば、会計だけの管理者にもできます。)

  • 会計freeeの「管理者」以外のメンバー
  • 2番目以降に給与freeeにログインした会計freeeの「管理者」メンバー

すでに給与の管理者になっている方が、[設定]メニュー→[権限管理]タブより「管理者」権限を付与(詳しくはこちら

  • 上記以外の方

すでに給与の管理者になっている方が、[設定]メニュー→[権限管理]タブ→[管理者を招待する]ボタンより、招待メールを送信


招待された人はメール内のリンクをクリックしてアカウントを登録

 

従業員アカウント

従業員アカウントは、以下のいずれかの方法で発行できます。

リンクがある箇所は、リンク先のヘルプページに詳細が記載されています。

アカウントの発行対象

発行方法

情報を登録していない従業員

管理者が従業員を招待して、従業員自身が情報を入力して登録

情報を登録済みの従業員

管理者が従業員メニューで招待メールを送信して登録

従業員を兼ねる管理者

管理者が従業員メニューで自分自身を従業員として登録し、利用中のメールアドレスを招待
(管理者も従業員向けモバイルアプリ「freee for チーム」(iOS版/Android版)を利用可能になります)

※従業員アカウントを発行せずに従業員情報のみ登録する方法はこちらをご覧ください。



アカウントを管理する

[設定]→設定メニュー一覧から[権限管理]メニューの「ユーザ管理」より、給与freeeのアカウントの権限を管理できます。

表示されているのは、給与freeeにログインできるすべての管理者・従業員アカウントです。
_______.png

一覧の見方は以下のとおりです。

項目

説明

表示内容
(選択肢)

表示内容の意味

ログインメールアドレス

アカウントがログイン時に利用するメールアドレスです。

-

-

招待日時

招待した日時を表示します。

-

-

グループ

管理者アカウントの場合は「管理者」と表示されます。

管理者

管理者アカウントを所持

(非表示)

管理者アカウントではない
(従業員アカウント)

閲覧・編集対象

アカウントが閲覧・編集できる範囲が表示されます。
(グループと連動)

全員

全従業員の給与情報を閲覧・編集可能

自分のみ

自分の給与情報のみを閲覧・編集可能

ステータス

アカウントの状態が表示されます。

招待中

管理者が招待メールを送信済みで、本人がそのメールから登録作業を行っていない状態

(その他のfreeeのサービスにログインできるメールアドレスの場合、登録作業は省略されます。)

登録済

登録済(ログインできる状態)のアカウント

ログイン中

現在ログインしているアカウント

削除

×ボタンをクリックするとアカウントを削除できます。

-

-

 

従業員の方は「閲覧・編集対象」が「自分のみ」になっています。これを「全員」に変更すると、管理者権限が付与され、従業員 兼 管理者になります。


従業員ではない人(社労士の方など)を管理者として招待する場合は、[給与計算の管理者を招待する]ボタンをクリックします。
__.png