EC-Orange POS - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

2016年8月31日をもちまして、会計freeeはEC-Orange POSとの連携サービスを終了いたしました。

2017年3月現在、連携サービスの再開予定は未定となっております。恐れ入りますがご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

freeeとレジサービスのEC-Orange POSを連携すると、日々の売上管理から入金までの経理処理までをスムーズに行うことができます。

 

目次

  1. EC-Orange POSとは
  2. 連携手順
  3. freeeに取り込まれた売上データの確認
  4. クレジットカードや電子マネー等が入金された時の処理
  5. TIPS

 

1.EC-Orange POSとは

EC-Orange POSは現金やクレジットカード等のレジ機能等を、お持ちのタブレット等でカンタンに行うことが出来る株式会社エスキュービズム・テクノロジー社のサービスです。
EC-Orange POSと連携することで、EC-Orange POSで登録しておいた売上データ等を自動でfreeeに取り込むことが出来ます。
EC-Orange POSの詳細については、こちらをご覧ください。

 

2.連携手順

1. freeeトップページ→[口座]→[口座を登録]を開き、「決済サービスや電子マネー」から「EC-Orange POS」を選択し、認証ページに進みます。


2.ID・パスワード・管理画面用のログインURLの入力画面になりますので、EC-Orange POSのログイン時に利用する、ID・パスワード・管理画面用のログインURLを入力します。


管理画面用のログインURLには、下記のEC-Orange POSでのログイン画面のURLを入力します。


3.同期が始まり、同期が終了次第、freeeトップ画面の左にEC-Orange POSという口座が新規で作成されます。そこから「口座の再選択が必要」を選択します。

 
4. 取り込みたい方を選択し、「保存して同期を再開」を選択します。

なおEC-Orange POSは複数店舗別に連携を行うことが可能です。詳しくはページ下のTIPSをご参照ください。

 
5. freeeトップ画面に戻り、画面左にある「EC-Orange POS」の口座を選択後、「タグのマッチングが必要です」を選択します。
 


6.「設定する」を選択したのち、決済用の口座を登録します。決済用口座は、クレジットカードや電子マネーなどの未入金の売上を取り込むための、便宜上の口座です。特に必要がなければそのままの名称で登録します。

 

 7.EC-Orange POSの支払手段・取引区分をfreeeでどのように取り込むかを設定します。(マッチング画面)

freeeでは、現金と商品券での売上は「現金」、デビットカード、クレジットカード、電子マネー、売掛金(請求書等)については、先ほど作成しておいた「売掛金(EC-Orange POS)」という口座で取り込むことを推奨しています。

またEC-Orange POSで売上げたデータはfreeeでは「売上高」として取り込みますが、「雑収入」等ご希望の勘定科目があれば、こちらで選択します。

選択が終了したら「保存」を選択します。

 

3.freeeに取り込まれた売上データの確認

freeeトップ画面の左にある「取引」を選択すると、取引の一覧に移動します。

取引の一覧を確認すると、データが取り込まれていることが確認出来ます。EC-Orange POSでの決済手段は備考に入っています。

 

4.クレジットカードや電子マネー等が入金された場合の処理

銀行口座にクレジットカードや電子マネー等の売上金が入金されたら、freee上で口座振替という処理を行います。その際は、振替元口座と振替先口座を下記のように設定します。

  • 振替元:「売掛金(EC-Orange POS)」
  • 振替先:(入金された銀行口座名)

 

例:クレジットカードの売上金100,000円が手数料10,000円が差し引かれて、2015/4/1に90,000円が三菱東京UFJ銀行に入金された。

 

1. 入金された三菱東京UFJ銀行をfreeeに同期している場合

入金された銀行口座をfreeeに同期している場合は、自動で経理から処理します。

[取引]→[自動で経理]→[口座振替・カード引落しタブ]→振替元口座「売掛金(EC-Orange POS)」として処理します。

 
[取引]→[取引を登録]より、クレジットカード売上の決済手数料を取引として登録します。その際は、以下のように登録します。

 

  • 支出取引
  • 決済:完了
  • 口座:売掛金(EC-Orange POS)
  • 取引日:2015-04-01
  • 勘定科目:支払手数料
  • 金額:10,000円(手数料金額)

 

 

2. 入金された三菱東京UFJ銀行をfreeeに同期していない場合

入金された銀行口座をfreeeに同期していない場合は、口座振替から処理します。

[取引]→[口座振替]→振替元口座「売掛金(EC-Orange POS)」・振替先口座「三菱東京UFJ」・金額「90,000」で処理します。

 

[取引]→[取引を登録]より、クレジットカード売上の決済手数料を取引として登録します。その際は、以下のように登録します。

  • 支出取引
  • 決済:完了
  • 口座:売掛金(EC-Orange POS)
  • 取引日:2015-04-01
  • 勘定科目:支払手数料
  • 金額:10,000円(手数料金額)

  


TIPS:取引の取り込み開始期間について

EC-Orange POSを同期すると、お客様のfreeeの会計期間の開始日から売上データを取得します。(例えば2015-01-01〜2015-12-31が会計期間の場合は、2015-01-01からの売上データをfreeeに取り込みます)

なお会計期間前の取引を作ることはできないため、ご留意ください。
freeeに取り込む際には、前日までの精算データが取得されます。(例えば今が2015-04-01であれば、2015-03-31までに精算した売上データを取り込みます。)

 


TIPS:レジ誤差について

EC-Orange POSではレジ誤差(実際にレジにある現金とEC-Orange上で管理している現金の金額との差額)を登録することが可能です。
レジ誤差がある場合、マイナスの誤差の場合は「雑損失」、プラスの誤差の場合は「雑収入」という勘定科目でfreeeに取引データを取り込みます。

 


TIPS:複数店舗の管理について

EC-Orange POSは複数の店舗別に連携を行うことが可能です。その場合は、それぞれの店舗で「EC-Orange POS口座」を作成する必要があります。