青色申告承認申請書を作成する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

個人の方が青色申告を行うためには、「所得税の青色申告承認申請書」の届出が必要です。

青色申告を行うメリットについては、こちらからご確認ください。

 

目次

  1. 青色申告承認申請書の作成方法
  2. 青色申告承認申請書の提出期限
  3. 参考:会計freeeで作成できる備付帳簿について

 

青色申告承認申請書の作成方法

個人の方が青色申告を行うためには、青色申告をしようとする対象年の3月15日まで(1月16日以後に開業した場合は、開業後2月以内)に「所得税の青色申告承認申請書」の届出が必要です。

青色申告承認申請書は、開業freeeから簡単に作成できます。
(ご利用の流れについてはこちら

一度申請が受理されれば、承認取消がなされない限りその後の申請は不要です。

 

青色申告承認申請書の提出期限

青色申告承認申請書は、青色申告による申告をしようとする年の3月15日(土日に当たる場合はその翌日)までに提出します。

その年の1月16日以後に新規開業し、最初の年度から青色申告をする場合は、開業日から2ヶ月以内に提出する必要があります。

例① 新規開業で青色申告を行う場合:

  • 2016年9月1日に開業した場合、提出期限は2016年10月31日となります。

例② 白色申告から青色申告へ切り替える場合:

  • 2015年度に白色申告を行っていて2016年から青色申告へ切り替える場合、提出期限は2016年3月15日となります。

例③ 青色申告10万円控除から65万円控除へ切り替える場合:

  • 既に青色申告10万円控除の適用を受けていた場合、再申請は不要です。

 


参考:会計freeeで作成できる備付帳簿について

青色申告を行う上で備付が必要な帳簿は、会計freeeで以下のように出力できます。

帳簿名 備付義務
(青色申告を行う場合)
会計freeeでの出力方法
仕訳帳 必須 レポート→仕訳帳を出力
総勘定元帳 必須 レポート→総勘定元帳を出力
固定資産台帳 必須 確定申告→固定資産の一覧→固定資産の詳細一覧を出力
現金出納帳 (任意) レポート→現預金レポートを開き、口座を現金で絞り込んで出力
預金出納帳 (任意) レポート→現預金レポートを開き、口座ごとに絞り込んで出力
売掛帳 (任意) レポート→総勘定元帳で売掛金を絞り込んで出力
買掛帳 (任意) レポート→総勘定元帳で買掛金を絞り込んで出力
経費帳 (任意) レポート→総勘定元帳を各経費の科目で絞り込んで出力