青色申告承認申請書を提出する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

個人の方が青色申告を行うためには、青色申告をしようとする対象年の3月15日まで(1月16日以後に開業した場合は、開業後2月以内)に「所得税の青色申告承認申請書」の届出が必要です。一度申請が受理されると、承認取消がなされない限りその後の申請は不要です。

申請書は、freeeの青色申告承認申請書作成ページでかんたんに作成できるほか、これから開業する方は開業freeeをご利用になることで他の書類と同時に作成できます。

青色申告のメリットについては、こちらからご確認ください。

参考リンク:【国税庁】[手続名]所得税の青色申告承認申請手続

 

目次

  1. 青色申告承認申請書の作成・提出の流れ
  2. 青色申告承認申請書への記入内容
  3. 青色申告承認申請書の提出期限

 

青色申告承認申請書の作成・提出の流れ

  1. こちらのページにアクセスします
  2. 必要事項を入力して送信します
  3. 申請書のPDFファイルが入力したメールアドレス宛にメールで届きます
  4. そのまま印刷・捺印し、所轄の税務署に持参または郵送すると申請は完了です
    (捺印は認印で差し支えありません。また、銀行口座を作成する場合など、控えが必要な場合は2部作成して提出し、控えを受け取ります)

 

青色申告承認申請書への記入内容

基本情報

項目内容
① 税務署名 納税地を所轄する税務署名を入力します。不明な場合は、こちらなどから調べます。
② 提出年月日 実際に申請書を提出する日付を入力します。
③ 納税地の種類 通常は「住所地」となります。
「居所地」は日本国内に住民票がない場合(または居所と別の所に住民票がある場合)の居所を指します。住所と別に事務所・店舗等がある場合の申請書では、「事業所等」を選択します。
④ 納税地 / 電話番号 納税地の住所・電話番号を入力します。
⑤ その他の住所地・事業所等 / 電話番号 納税地以外に住所地・事業所等がある場合に入力します。
⑥ 氏名 / フリガナ 氏名とフリガナを入力します。
⑦ 生年月日  生年月日を入力します。
⑧ 職業 著述業・小売業(家具販売)・ITコンサルタント業、などと具体的に記入します。
⑨ 屋号 / フリガナ 「○○商店」といった、屋号とフリガナを入力します。存在しない場合は空欄にします。

 

申請内容

項目内容
⑩ 青色申告を始める年月日 開業した日(または青色申告を始める年の1月1日)を記入します。
⑪ 事業所又は所得の基因となる資産の名称及びその所在地 個人事業主で、自宅が所在地の場合は名称は屋号名(ない場合は「なし」と記入)として、住所を記入します。
⑫ 所得の種類 該当する所得を選択します。通常の事業であれば「事業所得」を選択します。
⑬ いままでに青色申告承認の取消しを受けた、あるいは取りやめをしたことの有無 通常は「無」を選択しますが、該当があれば記入します。
⑭ 相続による事業承継の有無 該当があれば記入します。
⑮ 簿記方式 会計freeeなどの会計ソフトを用いて記帳する場合は、「複式簿記」を選択します。
⑯ 備付帳簿名 「仕訳帳」「総勘定元帳」「固定資産台帳」は必須ですので選択します。
会計freeeを用いる場合は、「現金出納帳」「預金出納帳」「振替伝票」なども出力いただけます。※
⑰ その他 特に伝えたい項目がない場合は空欄とします。

※ 会計freeeでは、以下の帳簿を出力できます。

  • 現金出納帳: レポート→現預金レポートを開き、口座を現金で絞り込んで出力
  • 売掛帳:レポート→総勘定元帳で売掛金を絞り込んで出力
  • 買掛帳:レポート→総勘定元帳で買掛金を絞り込んで出力
  • 経費帳:レポート→総勘定元帳を各経費の科目で絞り込んで出力
  • 固定資産台帳: 確定申告→固定資産の一覧→固定資産の詳細一覧を出力
  • 預金出納帳:レポート→現預金レポートを開き、口座ごとに絞り込んで出力
  • 総勘定元帳:レポート→総勘定元帳を出力
  • 仕訳帳:レポート→仕訳帳を出力

 

関与税理士

税理士へ記帳相談、確定申告代行を依頼している場合など、関係している税理士がいる場合に記入します。

 

青色申告承認申請書の提出期限

青色申告承認申請書は、青色申告による申告をしようとする年の3月15日(土日に当たる場合はその翌日)までに提出します。(その年に1月16日以後に新規開業し、最初の年度から青色申告をする場合は、開業日から2ヶ月以内に提出)

例① 新規開業で青色申告を行う:

  • 2016年9月1日に開業した場合、提出期限は2016年10月31日となります。

例② 白色申告から青色申告へ切り替える:

  • 2015年度に白色申告を行っていて2016年から青色申告へ切り替える場合、提出期限は2016年3月15日となります。

例③ 青色申告10万円控除から65万円控除へ切り替える:

  • 既に青色申告10万円控除の適用を受けていた場合、再申請は不要です。