2. e-Gov利用時に必要な電子証明書を取得する

Print Friendly and PDFページを印刷

e-Gov(電子政府の総合窓口)をご利用いただくには、登記所などが発行する電子証明書が必要です。

 

Windowsをご利用の方は、法務省提供の「商業登記電子認証ソフト」で電子証明書を取得することができます。このページでは、同ソフトを利用して電子証明書を取得する方法についてご紹介します。(詳細は法務省サイトでもご確認いただけます)

 

※Macをご利用の方は、セコム社提供の認証サービスより取得可能です。詳しくは本ページ末尾の参考をご覧ください。

※ 現状の仕様では、カード型の電子証明書に対応しておりません。

 

電子証明書とは

電子証明書とは、e-Govを利用して申請をする際に、「申請者が誰であるか」という本人確認をするためのものです。つまり、電子申請における運転免許書やパスポートの役割を担っています。

 

事前準備:電子証明書を取得する専用ソフトをダウンロードする

まずは、こちらから「商業登記電子認証ソフト」の最新版をダウンロードします。

 

1. 「鍵ペアファイル」及び「証明書発行申請ファイル」を作成する

電子証明書の発行申請に当たっては,「鍵ペアファイル」および「証明書発行申請ファイル」の2つのファイルが必要です。

作成するには、事前準備でダウンロードした「商業登記電子認証ソフト」を起動し、「鍵ペアファイル及び証明書発行申請ファイルの作成」ボタンをクリックします。


入力項目を埋めて、「鍵ペアファイル及び証明書発行申請ファイル作成実行」をクリックします。入力項目のひとつ「鍵ペアファイルパスワード」は電子証明書をfreeeに登録する際に必要となりますので、入力内容を控えておきます。


作成した「証明書発行申請ファイル」については、CD-Rへ「SHINSEI」(拡張子なし)というファイル名で保存します。

 

2. 電子証明書の発行を申請する

管轄登記所に対して電子証明書の発行申請を行います。

申請に必要な書類

申請で必要な書類は以下の3点です。

①電子証明書発行申請書(申請請用紙はこちらからダウンロードできます)

申請書には、管轄登記所に届け出た印鑑の押印と、手数料分の収入印紙が貼付が必要です。収入印紙の金額については以下の表のとおりです。

証明期間

3ヶ月

6ヶ月

9ヶ月

12ヶ月

15ヶ月

18ヶ月

21ヶ月

24ヶ月

27ヶ月

発行手数料

2,500円

4,300円

6,100円

7,900円

9,700円

11,500円

13,300円

15,100円

16,900円

②証明書発行申請ファイルを格納したCD-R

③法務局印鑑カード

※代理人が申請する場合は委任状も別途用意する必要があります。

 

発行申請を行う 

申請先の管轄登記局はこちらから確認します。

管轄登記所で電子証明書の発行手続が完了すると、電子証明書のシリアル番号が記載された「電子証明書発行確認票」が交付されますので、これを受領して内容を確認します。


 

3. 電子証明書を取得(ダウンロード)する

「商業登記電子認証ソフト」を利用して、電子証明書をダウンロードします。

3-1. ソフトを起動し、「電子証明書取得」ボタンをクリックします。


3-2. 必要情報を記入して、「電子証明書取得実行」ボタンをクリックします。


拡張子「.p12」の電子証明書ファイルがダウンロードできれば電子証明書の取得は完了です。

 


参考:Macをご利用の場合の電子証明書取得方法

Macをご利用の方は、セコム社が提供する認証サービス「セコムパスポート for G-ID ダウンロードシリーズ」を利用して電子証明書を取得できます。

こちらより「属性型(組織代表者)」または「属性型(組織社員)」を申し込んで電子証明書を取得します。