電子証明書ログインの銀行口座の明細を取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

ログインに電子証明書が必要なオンラインバンキングは、freeeが提供する電子証明書連携アプリ(Windows専用)を利用することで自動的に明細を取り込めます。

freeeの電子証明書連携アプリは、300種類以上の電子証明書ログインのオンラインバンキングから明細を取得できます。

 

目次

 

電子証明書連携アプリについて

通常の口座同期との違い

通常の口座同期では、freeeに入力されたログイン情報を元に、freeeが直接オンラインバンキング上のデータを取得します。

一方、電子証明書連携アプリによる明細取得では、パソコンにインストールされた電子証明書の情報をアプリがオンラインバンキングに送信して明細をダウンロードし、自動でfreeeにアップロードします。

電子証明書アプリを利用する場合でも、通常の口座同期と同様、かんたんな操作で銀行の明細をfreeeへ取り込むことができます。

 

明細を取り込める金融機関

freeeの電子証明書連携アプリは、300種類以上の電子証明書ログインのオンラインバンキングから明細を取得できます。

同アプリで明細を取得できる金融機関は、[口座]メニュー内の同期対応口座画面下部にある「銀行口座(法人)電子証明書」欄か、口座登録画面での検索で確認できます。

また、銀行の1アカウントに対して複数の口座が登録されている場合でも、それぞれの口座の明細を取得できます。(一部の銀行は今後対応予定)

 

アプリの動作環境について

①freeeの電子証明書連携アプリは、Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 での動作を保証しております。

それ以外のOSではアプリ更新や明細取り込みが正しく行われない可能性がありますので、予めご了承ください。

※ Windowsのバージョンの確認方法は、こちらのMicrosoftのサイトに記載されています。

※ オンラインバンキングのログインに必要な電子証明書がWindowsにしかインストールできないため、電子証明書連携アプリはWindows向けアプリのみ提供しております。

 

②連携アプリをご利用いただくには、OSに「.NET Framework の バージョン4.5以上」をインストールしていただく必要があります。

【Windows 8 と 8.1 をご利用の方】
「.NET Framework の バージョン4.5以上」は標準インストールされています。

もし無効化されている場合は、[コントロールパネル]→[プログラム]→[Windowsの機能の有効化または無効化]より、「.NET Framework 4.5 Advanced Services」を有効化していただく必要があります。

【Windows7をご利用の方】
Microsoftのこちらのページより、.NET Framework 4.5.2をインストールします。



1.電子証明書ログインの口座をfreeeに登録する

まずは電子証明書ログインの口座をfreeeに登録します。

※ 銀行の1アカウントに対して複数の口座が登録されている場合は、複数の口座をfreeeに登録します。

1.[口座]メニュー→[口座を登録]をクリックします。

2.登録したい口座の銀行名を検索窓から検索して、登録したいものを選択します。
この時、口座名に「電子証明書」と記載されたものを選択します。


3.[登録する]をクリックします。

4.口座が登録されますので、電子証明書連携アプリのインストールがまだの方は[Windowsアプリをダウンロードする]をクリックします。

 

2.電子証明書連携アプリの初期設定を行う

1.電子証明書連携アプリをダウンロードします。先述のように口座登録直後の画面からダウンロードできる他、こちらのページからもダウンロードできます。

2.ダウンロードしたファイルが下図のように表示されますので、右クリック(タッチスクリーンの場合は長押し)して「管理者として実行」します。


3.インストーラが起動しますので、[次へ]ボタンをクリックします。

4.インストール先のフォルダー・ユーザーを指定し(基本的には初期設定のままで問題ありません)、[次へ]ボタンをクリックします。


5.確認画面が表示されますので、[次へ]ボタンをクリックします。

6.インストールの完了画面が表示されますので、[閉じる]ボタンをクリックします。
インストール中に以下のような警告画面が出た場合は、[はい]をクリックします。
(この警告はWindowsのユーザーアカウント制御の機能です。詳しくはMicrosoft社のヘルプをご覧ください。)

 

7.デスクトップに電子証明書連携アプリのショートカットが作成されますので、ここからアプリを起動します。


8.初回起動時にはfreeeのプライバシーポリシーへの同意の確認画面が表示されますので、内容を確認し、[プライバシーポリシーに同意します]ボタンをクリックします。
「プライバシーポリシーに常に同意する」にチェックを入れてから同意ボタンをクリックすると、次回以降は同意の確認画面が表示されなくなります。

 

3.電子証明書連携アプリで明細を取り込む

電子証明書連携アプリの初期設定を終えたら、明細をfreeeに取り込めるようになります。

※ 銀行の1アカウントに対して複数の口座が登録されている場合は、それぞれの口座で以下の操作を行います。

1.電子証明書連携アプリを起動します。

2.会計freeeに登録しているメールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]をクリックします。
※ ふだんGoogleやFacebookなどのアカウントでログインしている方は、Web版の会計freeeにログインし、[設定]→[ユーザー設定]→[ログイン設定]タブよりパスワードを登録することで、アプリでもログインできるようになります。


3.左上のプルダウンメニューから、明細の取り込み先となる事業所を選択します。


4.登録済みの電子証明書ログイン口座が表示されますので、明細を取得する口座を選択します。


5.パスワードを入力して、[取引明細csvをダウンロード]をクリックします。


6.ワンタイムパスワード・合言葉認証・照会番号などの追加認証を設定している場合は、上記画面の次に追加認証の入力画面が表示されますので、入力して次に進みます。

7.口座の選択画面が表示された場合は、明細を取得する口座を選択します。(初回の取得時のみ)
※ すでに特定の口座の明細を取得していた場合はその口座を選択します。他の口座を選択したい場合は、freee上で別の口座を登録してから、アプリのこの画面から改めて選択します。


8.インストールしている証明書を利用するにあたり次の確認メッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
※ freee側ではお客様の証明書をネットに送信することはしませんのでご安心ください。

明細csvのダウンロード中に警告メッセージが表示された場合は、[再試行]ボタンをクリックします。


9.明細のダウンロードからfreeeへのアップロードまでが自動で実行されます。
※ アップロードが完了したら「csvをアップロードしました」というポップアップが表示されます。
※ 一時的にダウンロードされたファイルは自動で削除されます。

10.ブラウザからfreeeを開き、明細が取得されたかどうかを確認します。
※ 取り込んだ明細の数だけ、オレンジの数字が増えています。
※ 未取得の明細がない場合は取り込まれません。

取得した明細は、「自動で経理」で取引として登録しましょう。

  


参考:2015年12月9日以前から電子証明書連携アプリをご利用の方へ

  • 上記の日付以降にアプリの更新情報が通知されますので、[OK]をクリックしてアプリを更新してください。

  • アプリで「りそな(法人)」「三井住友(法人)」の明細を取得していた方は、上記の日付以降は一旦アプリ内でそれらの口座が表示されなくなります。
    アプリ内で再度口座を表示させたい場合は、お手数ですがfreeeサポートデスクまでお問い合わせください。

  


参考:三井住友銀行のICカード認証にも対応しています

三井住友銀行の法人口座をご利用の方でICカード認証をご利用の場合は、以下の方法で明細を取得できます。(2016年10月中旬より対応しました)

  1. ネットバンキングへログインする際と同様に、カードリーダーをパソコンに接続し、ICカードをリーダーに挿入します。
  2. 1の状態のまま電子証明書連携アプリを起動し、明細取得を行います。