【Android】手動で取引を登録する

Print Friendly and PDFページを印刷

銀行口座やクレジットカードではなく現金で取引した場合は、手動で取引を登録します。

手動での取引登録では、複数行の取引や、写真を取引した取引も登録できます。

ここでは、Android版 会計freeeで手動で取引を登録する場合の操作手順をご紹介します。

 

目次

 

取引登録の手順

1.以下のいずれかの方法で、取引登録画面を開きます。

  • ホーム画面の[+]ボタンをタップ


  • 左メニューから[取引一覧]を開き、[+]ボタンをタップ
     

2.取引テンプレート(取引のひな形)の選択画面が開きます。

利用したいテンプレートをタップするか、テンプレート選択をスキップして手動で入力するかを選択します。


3.スキップした場合は、取引テンプレートを今後利用するかどうかを選択します。


4.各項目を入力して保存します。

  • 入力する項目を追加する場合(詳細登録)や、複数行入力したい場合は、[取引行を追加する]をタップします。(詳しくはこちら
  • レシートなどの写真を添付したい場合は[添付ファイルを追加する]をタップします。(詳しくはこちら

入力する項目は下表のとおりです。

項目入力方法 複数行入力必須説明
通常登録詳細登録
支出/収入   必須 支出または収入から選択します。
発生日   必須 取引の発生日を入力します。
勘定科目 必須 該当する勘定科目を選択します。
金額 必須 取引の金額を入力します。
取引先     取引先を入力します。(詳しくはこちら
口座     決済口座を選択します。
選択しない場合は未決済取引として登録されます。
備考   任意でメモしたい事項を記入します。
税区分     勘定科目の標準の税区分が選択されています。
必要であれば税区分を変更します。
品目   ○    品目を入力します。(詳しくはこちら
部門      部門を入力します。(詳しくはこちら

 

摘要(品目・部門・取引先)の入力について

摘要(品目・部門・取引先)の入力画面では、以下のいずれかの方法で選択できます。

  • 摘要をキーワードで検索して選択
  • 摘要一覧をタップして選択
  • 摘要を新規作成して選択

 

取引行を追加する場合(詳細登録・複数行登録)

[取引行を追加する]を1回タップすると、税区分・品目・部門を編集できるようになります。


[取引行を追加する]を2回以上タップすると、複数行の取引を登録できます。
複数行取引では、特定の項目を複数入力できるようになります。

 

写真を追加する場合

[添付ファイルを追加する]をタップすると、レシートなどの写真を撮影して取引に添付できます。

1.[添付ファイルを追加する]をタップするとカメラアプリが開きますので、写真を撮影します。


2.アップロードする写真の確認画面が開きますので、保存ボタンをタップしてアップロードします。

3.取引に写真が添付されます。添付された写真は、取引登録画面から確認できます。


4.[添付ファイルを削除する]をタップすると、ファイルの添付を解除できます。(ファイル自体は残ります)