借入金の借入と返済・キャッシングを記帳する

Print Friendly and PDFページを印刷

このページでは、銀行からの借入やキャッシングなど、資金を借り入れて返済するまでの記帳方法についてご紹介します。

資金の借入と、返済および利息支払の取引をそれぞれ登録することで正しく記帳できます。

 

目次

 

勘定科目「短期借入金」と「長期借入金」の違い

借入金の勘定科目は、「短期借入金」と「長期借入金」の2種類に分かれます。 

会計のルールでは、資金を借り入れた日の翌年度の期首日から起算して1年以内に支払期限の到来するものは「短期借入金」、1年を超えて支払期限の到来するものは「長期借入金」に分類することになっています。

例:
① 会計期間:1月1日〜12月31日
② 借入日 :2015年7月1日
③ 支払期限:2016年12月31日

 例えば上記の場合、①借入日の翌年度の期首日は「2016年1月1日」で、③支払期限である「2016年12月31日」はその日から1年以内ですので、「短期借入金」として計上します。

 

借り入れを記帳する

銀行などの明細を取り込んで「自動で経理」で記帳する場合も、手動で取引を登録する場合も、以下のように記帳します。 

【登録内容】

  • 収支:収入
  • 決済状況:完了(手動で取引を登録する場合)
  • 取引日(発生日):資金を借り入れた日
  • 勘定科目:「短期借入金」または「長期借入金」(支払期限に応じて選択)
  • 金額:借り入れた金額
  • 取引先:任意入力ですが、入力しておくことで取引先ごとの借入金残高が管理しやすくなります。
     

自動で経理をご利用の場合

借入金が振り込まれたら[取引]→[自動で経理]を開き、当該明細から上記の【登録内容】で取引を登録します。

 

手動で取引を登録する場合

借入金を確保したら[取引]→[取引を登録]を開き、上記の【登録内容】で取引を登録します。

 

返済を記帳する 

借り入れた資金の返済は、借り入れ時と同じ勘定科目で支出取引を登録することで借入金を返済したものとして記帳されます。

また、多くの場合、借入金には利息が発生しますので、勘定科目「支払利息」の取引も同時に登録します。

具体的には、以下のように登録します。

【登録内容】※2行の取引を登録します。

  • 収支:支出
  • 決済状況:完了(手動で取引を登録する場合)
  • 口座:返済額が引き落とされた口座
  • 取引日(発生日):借入金を返済した日
  • 取引先:任意入力ですが、借り入れ時の取引と同じ取引先を入力しておくことで、取引先ごとの借入金残高が管理しやすくなります。
  • 1行目
     - 勘定科目:「短期借入金」または「長期借入金」(借り入れ時と合わせる)
     - 金額:返済金額のうち、元本の金額
  • 2行目
     - 勘定科目:「支払利息」
     - 金額:返済金額のうち、利息の金額

自動で経理をご利用の場合 

  1. 返済分を振り込んだら[取引]→[自動で経理]を開きます。

  2. [カンタン取引登録]タブを開きます。

  3. 「複数行取引」にチェックを入れます。

  4. 借入の取引の「取引先」欄に返済先の名前を入力していた場合は、同じ名前を「取引先」欄に入力します。 

  5. [+新しい行を追加]ボタンをクリックします。

  6. 取引内容の入力欄が2行になるので、上記【登録内容】の通りに入力します。

  7. 下の「合計」欄の金額が明細と一致したら、[登録]ボタンをクリックします。

 

手動で取引を登録する場合

  1. 返済分を振り込んだら[取引]→[取引を登録]を開きます。
  1. [詳細登録]ボタンをクリックします。

 

  1. 借入の取引の「取引先」欄に返済先の名前を入力していた場合は、同じ名前を「取引先」欄に入力します。
  1. [+新しい行を追加]ボタンをクリックします。
  1. 取引内容の入力欄が2行になるので、上記【登録内容】の通りに入力します。
  1. [登録]ボタンをクリックします。

 

クレジットカードでキャッシングをした場合

クレジットカードでキャッシングをした場合、以下のいずれかの方法で処理します。

キャッシングの返済が年度をまたぐ場合は前者、年度をまたがない場合は後者が、効率的に処理できる方法となります。

クレジットカードの明細を無視する方法

  1. 借入をした時は、現金決済・短期(または長期)借入金勘定の収入取引を登録します。この時、クレジットカードのキャッシング明細を取り込んでいた場合は、「無視」をします。
  2. 返済をした時は、以下のように登録します。
    • ショッピングの利用分は、「振替元:引き落とし先の銀行口座」「振替先:クレジットカード」の口座振替
    • キャッシングの返済分は、「手数料」欄に返済を入力し、詳細編集で勘定科目を「短期(または長期)借入金」に変更
    • 利息の支払い分は、「手数料」欄の詳細編集で行を追加して、勘定科目を「支払利息」として利息額を記入

例えば、ショッピング利用の支払が30,000円、キャッシング返済20,000円(うち324円が利息)という場合、以下のような登録になります。

【返済を手動で登録する場合】
SS_2017-09-04_16_53_07.png

【返済を明細から登録する場合】
SS_2017-09-04_16_57_22.png

 

クレジットカードの明細から登録する方法

  1. 借入をした時は、「振替元:クレジットカード」「振替先:現金」で口座振替を登録します。
  2. 返済をした時は、通常のクレジットカードの処理と同様、「振替元:引き落とし先の銀行口座」「振替先:クレジットカード」「金額:返済金額の元本分」で口座振替を登録します。利息は「手数料」欄に金額を入力し、手数料の詳細設定で勘定科目を「支払利息」に変更します。
  3. 年度末時点で未返済の借入残高があった場合は、その金額で「クレジットカード/短期(または長期)借入金」という仕訳の振替伝票を年度末付にて登録します。
  4. 年度末時点で未返済の借入残高があった場合は、翌年度の期首日付で、同額の逆の仕訳の振替伝票も登録します。

 

 


参考:勘定科目の候補に借入金が出てこない場合

2014年8月以前にfreeeに事業所を登録した方は、勘定科目の入力時に「長期借入金」「短期借入金」が候補として出てくるように設定する必要があります。

設定方法の詳細はこちらをご覧ください。

 


参考:借入金の残高を確認する 

資金を借り入れる際の収入取引と返済する際の支出取引のそれぞれに、取引先として返済先の名前を入力しておけば、返済すべき残高を個別に管理することができます。

具体的には、以下のように操作することで残高を確認できます。

  1. [レポート]→[試算表:貸借対照表]を開きます。 
  1. 「取引先」欄に返済先の名前を入力して[絞り込む]をクリックします。
  1. 勘定科目「○○借入金」行の数値を確認します。それぞれ以下のようになっています。
  • 「借方金額」列の金額 = 返済した金額
  • 「貸方金額」列の金額 = 借り入れた金額
  • 「○年-○月末」列の金額 = 返済すべき残高

参考:不動産所得に関連する支払利息

不動産所得の青色申告決算書に反映させるため、「[不]借入金利子」という勘定科目で処理します。

 

 


参考:長期借入金から短期借入金への振替

 長期借入金については、期末において残高の把握をするとともに、その事業年度末から一年以内に返済する部分について短期借入金に振りかえる必要があります。

翌事業年度に返済すべき金額を把握するとともに振替伝票を作成し、次の仕訳を作成します。

長期借入金(対象外)   xxx        /      短期借入金(対象外) xxx

振替伝票の作成の方法についてはこちらをご参照ください。