マイナンバーの管理者を設定する

Print Friendly and PDFページを印刷

マイナンバー管理freeeでは、マイナンバーの管理権限を柔軟に設定できます。

管理権限を与えられたユーザー以外は一切マイナンバーを閲覧できないようになっており、厳格にマイナンバーを管理できます。

ここでは、各権限の詳細と、その編集方法についてご紹介します。

 

目次

 

ユーザーを追加する

次のいずれかの方法でユーザーを招待すると、招待されたメンバーがマイナンバー管理freeeのユーザーとして追加されます。

  • マイナンバー管理freee上で招待する(詳しくはこちら
  • 会計freeeでメンバーとして招待する(詳しくはこちら
  • 給与計算freeeで従業員として招待する(詳しくはこちら

上記のほか、マイナンバー管理freeeに事業所を作成した方(事業所所有者)は、「ユーザーを管理できるユーザー」(ユーザー管理者)として自動で追加されます。



各権限について

事業所所有者

freeeに事業所を作成したユーザーです。

このユーザーには、ユーザー管理者権限(下記)が自動的に与えられます。

 

ユーザー管理者

マイナンバー管理freeeの事業所に登録されているユーザーに対して、権限を付与・変更することができます。

 

従業員管理者

従業員とその家族のマイナンバーを収集・管理する権限です。

また、源泉徴収票や給与支払報告書等の書類に従業員のマイナンバーを反映させることができます。(※現在開発中)

 

取引先管理者

取引先のマイナンバーを収集・管理する権限です。
また、取引先を自分の事業所に招待して、取引先マイナンバーを登録してもらうこともできます。

取引先のマイナンバーは、支払調書を発行する際に必要となります。取引先に提出する支払調書ではマイナンバーは記載しませんが(詳細はこちら)、税務署に提出する支払調書ではマイナンバーを記載します。

※ 支払調書へマイナンバーを記載する機能は現在開発中です。

 

権限を編集する

1.[権限管理]メニューを開きます。同画面では、マイナンバー管理freeeに登録されているユーザーの一覧が表示されています。

※ ユーザー名が未登録の場合はメールアドレスが表示されます。ユーザー名は、ユーザー自身が会計freeeにログインし、画面右上のメールアドレスをクリックすることで設定できます。

2. 各権限の欄にチェックを入れて(あるいは外して)、変更内容を保存したい行の[保存]ボタンをクリックします。


権限を与えられたユーザーの画面には、従業員や取引先の管理メニューが表示されます。