その他の会計ソフトから固定資産台帳を移行する ※法人のみ

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

他社の会計ソフトからfreeeに乗り換える法人の方は、固定資産台帳のデータをそのままfreeeに移行できます。また、除却済みの固定資産もインポートすることが可能です。

データを移行することで、freee上で再度固定資産を登録する必要がなくなり、スムーズにfreeeの利用を開始できます。

※ インポートした固定資産は、最初の年度(インポートした年度)に限り減価償却費が自動計上されませんのでご注意ください。

 

目次

  1. 固定資産のデータを用意する
  2. 固定資産のデータを取り込む
  3. 固定資産インポート用CSVテンプレート

 

1.固定資産のデータを用意する

1-1.ご利用の会計ソフトの固定資産台帳をCSVファイル形式で出力します。

Excelなどの表計算ソフトで固定資産を管理している場合は、ExcelデータをCSVファイル形式で出力します。

1-2.出力したデータを、本ページ下部に添付されているテンプレートの形式に加工します。

この時、「減少事由」列に「除却」と記入し、「減少年月日」列に除却日付を記入すると、その固定資産は除却した状態でfreeeにインポートできます。(除却仕訳は作成されません)


 

2.固定資産のデータを取り込む

2-1.[設定]→[乗り換え設定]を開きます。

2-2.「①乗り換え元の会計ソフトを選んでください」欄で[その他会計ソフト]を選択します。


2-3.「③固定資産データをインポート」欄の「開く」をクリックします。


2-4.「3-1 固定資産データのアップロード」欄で先ほど用意した固定資産データを選択し、アップロードします。


2-5.「3-2 各列の読み込む項目を設定」欄に表示されるプレビューを見ながら、各列がどの項目を含んでいるかを指定して[設定する]をクリックします。(表題行は「無視」欄にチェックを入れます)


2-6.「3-3 登録」欄でエラーが出ていなければ[登録する]をクリックします。エラーが出ている場合はエラー内容に合わせてデータを修正後、再度手順を繰り返します。


2-7.「③固定資産をインポート」欄に「設定済み」と表示されたら、[決算]→[固定資産台帳]を開き、内容に問題がないか確認します。



 


固定資産インポート用CSVテンプレート

出力したファイルの各列を以下のファイルの1行目に合わせて並び替えることで、固定資産のインポートに利用できます。

ご利用の表計算ソフトの名前が入っているファイルをダウンロードしてください。