Excelからfreeeに勘定科目・補助科目などを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

freeeには勘定科目・補助科目(取引先・品目)・部門をCSV形式で取り込むことができますが、Excelにfreeeのアドインを追加することで、Excelからfreeeに直接データを取り込むことができます。

ここでは、Excelアドインの概要と、具体的な使用方法についてご紹介します。

 

目次

 

Excelアドインについて

freeeのExcelアドインをExcelに追加することで、勘定科目・補助科目(freee上の取引先・品目)・部門をfreeeに直接取り込むことができます。

なお、freeeのExcelアドインは、Excel 2013/2016/Onlineに対応しており、無料でご利用いただけます。

freeeのExcelアドインの詳細は、こちらをご覧ください。

 

Excelアドインを追加する

1.Excelを開き、Officeにサインインします。

2.[挿入]メニューの中にある[Officeアドイン]または[ストア]をクリックします。


3.「ストア」画面の検索窓に「freee」と入力して検索し、freeeのアドインを開きます。


4.[追加]または[信頼する]ボタンをクリックすると、アドインをインストールできます。

 

勘定科目・品目・取引先・部門をfreeeに取り込む

1.アドイン上でfreeeにログインします。
※アカウントをお持ちでない場合は、アドインからアカウントを新規作成できます。
※freeeへのログイン方法はどれでも構いません。


2.アドイン内でリンクされているテンプレートファイルをダウンロードします。


3.Excelでテンプレートファイルを開き、インポートするデータの内容を入力します。

なお、勘定科目の場合は、[勘定科目カテゴリ・決算書表示名一覧を表示]ボタンをクリックすると表示される一覧を参照しながら、一覧にある項目をシートに入力します。


4.インポート先の事業所を選択します。(複数の事業所がある場合)


5.インポート対象のセルを選択した状態で、対象となるデータのインポートボタンをクリックします。


6.freeeを開き、データがインポートされていることを確認します。