大量の取引を高速で登録する(高速登録)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人   ✓ ライト   ✓ ビジネス   ✓ エンタープライズ  
  個人   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

通帳や領収書を見ながら大量の取引を登録する場合、「高速登録」機能が便利です。

「高速登録」機能は表計算ソフトのような画面になっており、キーボードショートカットも利用できるため、取引の手入力をスピーディに終えることができます。

※ 本機能のアップデート版として「連続取引登録」機能がリリースされています。ぜひそちらのご利用もご検討ください。

 

目次



高速登録の画面を開く

高速登録画面は、以下の手順で開くことができます。

1.[取引]→[取引を登録]→[高速登録]タブをクリックします。


2.高速登録画面はさらに[現金・預金][売掛・未収][買掛・未払]の3種類のタブに分かれていますので、登録したい取引(仕訳)の相手勘定に対応したタブを開きます。



高速登録画面の見方

高速登録画面は3種類のタブに分かれています。各タブの基本的な見方は以下の通りです。

「現金・預金」タブ

  • 一覧に表示する・高速に登録する取引の発生月と口座を、画面上部のフォームから指定します。
  • 画面上部の取引は、他の画面で登録した取引の一覧です。これは高速登録画面では編集・削除することができません。
  • 画面下部の取引は、この高速登録画面で登録した(する)取引の一覧です。これは登録登録画面でも編集・削除できるほか、取引の一覧からも編集・削除が可能です。
  • 「残高」列には、その行の取引を登録した後の、口座の登録残高(帳簿上の残高)を表示します。
    ※ ホーム画面に表示されている口座残高(帳簿上の本日時点での残高)から取引の金額を逆算した金額が表示されており、試算表や総勘定元帳の表示とは異なる場合があります。

  • 左側の「<>」をクリックすると「口座」列を表示します。
  • 右側の「<>」をクリックすると、「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」列を表示し、それらの登録もできるようになります。

 

「売掛・未収」「買掛・未払」タブ

「売掛・未収」「買掛・未払」タブの基本的な見方や操作方法は「現金・預金」タブと同じです。

「現金・預金」タブとは、以下の点が異なります。

  • 掛取引を登録するため口座は選択しません。そのため残高の表示列もありません。
  • 口座の代わりに、決済期日を指定します。
  • 「取引先」列が表示されており、登録が可能です。



高速登録を行う

ショートカットキーについて

高速登録画面は、表計算ソフトのような形式になっており、以下のようにショートカットキーを利用することができます。

  • Enter または Tab キーで、選択中のセルの内容を確定して右の列に進みます。
  • Shift + Enter または Shift + Tab で左の列に戻ることができます。
  • 上のセルと同じ内容を入力したい場合は、入力先のセルを選択した状態で、 Shift + Ctrl + v を押します。

 

登録手順

高速登録画面では、以下の手順で登録していきます。

1.「現金・預金」タブを開いた場合は、最初に選択した収支区分の取引を連続で登録できます。収支区分は行ごとに切り替えることが可能です。

2.発生日・期日の入力方法は、主に以下の2通りです。

  • 2桁の半角数字を入力すると、選択した発生月の日付で登録できます。
    例えば発生月を「2016年6月」としてから「01」と入力すると、「2016年6月1日」と登録できます。
  • 4桁の半角数字(0701など)やM/Dの形式(7/1など)で入力すると、選択した発生月以外の日付も発生日・期日として登録できます。
    例えば、「0701」も「7/1」も「2016年7月1日」と登録されます。



3.勘定科目は、通常通り入力できます。
表示されるボックスからの選択、ショートカットの入力、キーワード検索などで呼び出しましょう。


4.金額も、通常通り入力できます。

金額を入力すると、その金額を反映した残高も表示されますので、この時点で残高に誤りがある場合は登録する金額を見直します。

5.「備考」列の内容を確定する(EnterまたはTabを押す)と、その行の取引が登録されます。



6.以上の1〜5の手順を繰り返すことで、大量の取引を高速に登録してくことができます。



登録内容を確認する

高速登録画面で登録した取引は、高速登録画面はもちろん、[取引]→[取引の一覧]画面でも閲覧・編集・削除を行うことができます。

また、[レポート]→[仕訳帳]から、登録した取引がどのような仕訳として登録されたかを確認することもできます。