請求書類の採番ルールを設定する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

見積書・納品書・請求書の番号は自動的に採番されますが、その採番ルールは任意のものに変更することができます。

ここでは、請求書類の採番規則の設定方法についてご紹介します。

※発注書の採番ルールは設定の対象外です。

 

目次

 

請求書類の採番ルールを設定する

1.[設定]→[事業所の設定]→[請求書の設定]タブを開き、[採番ルールを設定する]をクリックします。


2.「見積書・納品書・請求書それぞれで採番する」か、「共通で採番する」かを選択します。

それぞれ、以下のような違いがあります。

採番方法

見積書・納品書・請求書
それぞれで採番する
(個別採番)

共通で採番する
(共通採番)

場合分け

書類ごとに別々の番号を適用したい場合

同じ案件の書類の番号を揃えたい場合

連番値

新規作成

同じ種類の書類で使用されている連番の最大値に+1した値

いずれかの書類で使用されている連番の最大値に+1した値

書類変換

変換元と同じ番号※

合算請求

合算元の書類の中で一番下の番号※

※同じ番号が使用済みだった場合は、すでに使われている番号の最大値に+1した値が適用されます。

3.下表の変数と任意の定数を組み合わせて、採番ルールを設定します。

例えば、書類番号を「20160701_001」としたい場合は、「${yyyy}${mm}${dd}_${number,3}」とします。

変数

コード

説明

備考

${yyyy}

書類の作成日の西暦年が自動で挿入されます。

見積日/納品日/請求日の年月日ではありませんのでご注意ください。

${mm}

書類の作成日の月が2桁で挿入されます。

${dd}

書類の作成日の日が2桁で挿入されます。

連番値

${number,桁数,初期値}

初期値と表示桁数を指定して連番値が付けられます。

すでに使用されている連番値がある場合には、その最大値に+1した値が自動で挿入されます。

 

「すでに使用されている連番値の最大値」の判定は、個別採番と共通採番とで異なります。(上表を参照)

指定桁数より少ない番号の場合は、010などの形で0が挿入されます。

指定桁数より多い番号の場合は、番号がそのまま挿入されます。

  • 個別採番の場合は、書類ごとに採番ルールを設定します。


  • 共通採番の場合は、全書類で共通の採番ルールを設定し、必要であれば書類記号(見積書は末尾にMをつける等のルール)を設定します。


4.ルールを設定したら、[設定を保存する]をクリックします。

5.請求書などの作成時に、設定したルールに添って自動で番号が適用されます。

書類番号は、必要であれば書類作成時に修正できます。
修正後でも[採番し直す]ボタンをクリックすれば再度自動で採番できます。

※複数のメンバーが同時に請求書作成画面を開くなどして請求書番号が重複した場合も、[採番し直す]ボタンをクリックすれば自動でその次の番号を採番できます。

 


参考:採番ルールの適用対象と方式、初期値について

採番ルールは、ルール設定後に作成された書類に対してのみ適用されます。
(ルール設定前に作成された書類の番号は自動で変換されません)

現状の仕様では、次のような方式での連番値の設定は行えません。都度番号を編集することが必要です。

  • 取引先毎に連番をカウントする
  • 月毎に連番のカウントをリセットする

また、連番の初期値は、ルール設定時も設定後もリセットできない仕様になっています。
(既存書類と番号が重複するのを防ぐため)