3.登記後に必要となる手続きを行う(その後)

Print Friendly and PDFページを印刷

「その後」画面では、会社設立後に必要になる手続きを行うことができます。

社会保険や税の手続きの手順を示したガイドが表示されており、法人口座の作成も行うこともできます。

また、会社設立freeeに入力した内容を元に、会計freeeの利用をスムーズに始めることもできます。

 

目次

 

年金事務所へ行く

会社を設立したら、社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入する必要があります。

管轄の年金事務所が表示されていますので、設立から5日以内に、加入の届け出などを持参して提出します。

この際に持参する書類は以下の通りです。

書類名

説明

健康保険・厚生年金保険新規適用届

社会保険の加入の届け出です。

[ダウンロード]ボタンから用紙をダウンロードしたら、ご自身で内容を記入します。

登記事項証明書の原本

設立した会社の情報が記載された書類です。

法務局から受け取った書類の原本を持参します。

 

税務署へ行く

設立した会社は各種国税の課税対象となりますので、国税関係の手続きも必要です。

管轄の税務署が表示されていますので、設立後1ヶ月以内に、会社の設立内容や納税方法についての書類を持参して提出します。

この際に持参する書類は以下の通りです。

書類名

説明

法人設立届出書

設立した会社の概要が記載された書類です。

株主名簿

株主(出資者)の名簿です。

青色申告の承認申請書

法人税の申告方法を青色申告にするための申請書です。

青色申告を選択することにより、税額の控除(一部免除)を受けることができるなど、税金上のメリットがあります。

給与支払事務所等の開設届出書

役員報酬や給料手当を会社の費用(損金)として扱うための書類です。

税金は「儲け」に対して課されますので、費用を多く計上できることは節税につながります。

ダウンロードする前に、「給与支払いを開始する日付」を指定する必要がありますのでご注意ください。

源泉所得税の納付の特例に関する申請書

給与を受け取る従業員数(役員含む)が10名未満の場合は、この書類を届け出ることで、源泉所得税納付の頻度を「半年に1回」に変更することができます。
※ 届け出ない場合は毎月納付が必要になります。

定款のコピー

会社のルールを定めた書類です。

公証役場で認証された定款をコピーして持参します。

登記事項証明書のコピー

設立した会社の情報が記載された書類です。

法務局から受け取った書類をコピーして持参します。

 

都道府県税事務所へ行く

設立した会社は各種地方税の課税対象となりますので、地方税関係の手続きも必要です。

管轄の都道府県税事務所が表示されていますので、会社の設立内容などについての書類を持参して提出します。

この際に持参する書類は以下の通りです。

書類名

説明

法人設立届出書

設立した会社の概要が記載された書類です。

都道府県ごと様式が異なるため、内容は自動入力されていません。

[ダウンロード]ボタンから用紙をダウンロードしたら、ご自身で内容を記入します。

定款のコピー

会社のルールを定めた書類です。

公証役場で認証された定款をコピーして持参します。

登記事項証明書のコピー

設立した会社の情報が記載された書類です。

法務局から受け取った書類をコピーして持参します。

 

法人用の銀行口座を作る

会社設立後は法人対法人として取引を行うことになるため、原則として法人名義の銀行口座を作る必要があります。

口座開設に必要な情報は自動で会社設立 freee から転記されるため、スムーズに口座開設の申込みを行うことができます。

[口座を開設する]ボタンをクリックすると各銀行の口座開設ページが開きますので、詳しい手続き内容についてはそちらをご参照ください。



 

会社運営に必要なものを準備する

会社設立後に必要となるインターネット・電話・Wi-fi環境も、スムーズに準備することができます。

詳しくは提携先のWebサイトをご覧ください。


 

会社のお金の動きを管理する

会社を設立して営業が始まると、様々なお金の動きが発生します。

すべての会社は、そのお金の動きを正確に記録し、税務署などに申告する必要がありますが、会計freeeをご利用になることで、その記録を簡単・効率的に行うことができます。

会社設立freeeで会社を設立した場合は、会社の基本情報を会計freeeにも自動で設定できるほか、会計freee1ヶ月分のクーポンもご利用いただけます。
※クーポンをご利用になるには、クレジットカードのご登録が必要です。

[今すぐクーポンを使う]ボタンをクリックして、会計freeeの利用を開始しましょう。

  

以上で会社設立は完了です。おめでとうございます!