行政書士に会社設立のサポートを依頼する

Print Friendly and PDFページを印刷

会社設立freeeでは、行政書士に会社設立のサポートを依頼することができます。

サポートには2種類あり、会社設立手続を行政書士のサポートを受けながら進めることができる「フルサポート」と、「電子定款の認証代行」があります。

ここでは、行政書士へサポートを依頼する手順や、よくある質問についてご説明します。

 

目次

 

フルサポートを依頼する

行政書士のフルサポートを依頼すると、会社設立にまつわる相談や手続きをすべて行政書士のサポートを受けながら進めることができます。以下に詳しい依頼手順をご紹介します。

1.画面右下の行政書士マークをクリックします。
__________2.png

2.注意事項を確認後、[依頼する]をクリックします。
SS_2017-04-05_16_24_14.png

3.フルサポートの申請依頼フォームが開きますので、必要事項を記入します。
一部の項目は、会社設立freeeに入力した情報が自動で転記されています。
__________2017-05-15_13_04_49.png

4.必要事項を入力したら、[送信する]ボタンをクリックし、依頼を完了します。


5.行政書士から返信が来たら、行政書士を会社設立freeeに招待します。(下記参照)

 

行政書士を招待する

フルサポートや電子定款認証の依頼後、行政書士から返信が来たら、行政書士を「招待」します。

行政書士を招待することで、ご自身の会社設立freeeの登録内容を行政書士が閲覧・編集できるようになります。

  • フルサポートを依頼した場合は、画面の一番上の右側にあるメニュー内の[行政書士を招待する]から招待します。
  • 電子定款認証を依頼した場合は、こちらの手順で招待します。

 

 

行政書士サポートに関するよくある質問

会社設立freeeの行政書士サポート(フルサポート・電子定款認証)について、よくある質問をまとめました。

項目

フルサポート

電子定款認証

サポート内容は?

会社設立手続きを行政書士のサポートを受けながら進めることができます。希望であれば手続き全体の代行も依頼することができます。

電子定款の認証代行です。

依頼するメリットは?

悩みや不明点を相談しながら、安心して会社設立を進めることができます。

freee経由で依頼する場合、ご自身で行政書士を探す手間も省くことができます。

自分自身で認証を行う場合に発生するコスト約8万円(特別な機材とソフトウェアを揃える費用)を削減することができます。

freee経由で依頼する場合、ご自身で行政書士を探す手間も省くことができます。

発生する料金はいくら?

サポートを希望する内容によって変動します。

具体的な金額については行政書士とご相談ください。

一律5,000円です。

定款の修正依頼はできる?

行政書士に修正を依頼できます。

修正可能な範囲や料金につきましては、行政書士に個別にご相談ください。

公証役場から指摘を受けた範囲内(通常、文言等の修正)であれば修正を依頼することができます。

大幅なレイアウト変更などは対象外ですのでご了承ください。

どれくらいの早さで返信が来る?

依頼後、3営業日以内にメールにてご連絡を差し上げます。

料金の支払い方法は?

基本的に、行政書士が指定した銀行口座への振込です。

それ以外の支払い方法をご希望の場合は、行政書士に個別にご相談ください。

間違ってフルサポートを依頼してしまった場合は?

行政書士からの返信後、間違って依頼してしまった旨をご連絡ください。

-

freee以外のソフトで作った定款も認証依頼可能?

-

会社設立freeeで作成した定款でない場合は、コミュニケーションが多く発生する可能性があるため、別料金がかかる可能性があります。

詳細は行政書士にご相談ください。