Excelからfreeeに会計データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

freeeをご利用になる前にExcelで仕訳や売上データを作成していた場合、そのExcelファイルをfreeeに取り込むことができます。

「エクセルインポート」機能を利用することで、ExcelファイルをCSVファイルに変換することなく、会計データをfreeeにインポートすることができます。

 

目次

 

仕訳データをfreeeに取り込む

1.[取引]メニューの[エクセルインポート]を開きます。

2.「読み込むデータ形式」欄で「仕訳データ」を選択したら、以下のいずれかの方法でExcelファイルをfreeeにアップロードします。

  • 「①ファイルのアップロード」のグレーの欄をクリックしてExcelファイルを選択
  • Excelファイルを「①ファイルのアップロード」のグレーの欄にドラッグ&ドロップ



3.アップロードしたExcelファイルの内容が表示されますので、下表の項目を設定後、[設定する]ボタンをクリックします。

設定する項目

説明

税額の扱い

以下のいずれかを選択します。

  • 金額が税込で表記されている場合は「すべての金額が税込み」
  • 金額が税抜で表記されている場合は「すべての金額が税抜き」
  • 内税/外税を指定する列をファイル内に含んでいる場合は「内税/外税を考慮する」

列ごとに該当する項目

列ごとに該当する項目を選択します。

無視する行

先頭行など、インポートしたくない行がある場合はチェックを入れます。



4.freeeにない勘定科目・補助科目(freeeでは取引先や品目として扱われます)・税区分がファイルに含まれている場合、それらを「④新規データの設定」の各タブで新規登録します。

  • 似た名前のデータ(勘定科目など)がfreee上に登録されている場合は、エクセルファイル上のものをfreee上のデータ(勘定科目など)と紐付けることもできます。
  • 紐付けを行わない場合は、freee上で新規のデータとして登録します。



5.[登録する]ボタンをクリックして取り込み(インポート)を開始します。


6.インポートが完了したら、画面上部の黒いバーをクリックして、インポート履歴を確認します。


7.インポート履歴にあるボタンをクリックすることで、登録された仕訳を確認できます。

 

売上データをfreeeに取り込む

1.[取引]メニューの[エクセルインポート]を開きます。

2.「読み込むデータ形式」欄で「売上データ」を選択したら、以下のいずれかの方法でExcelファイルをfreeeにアップロードします。

  • 「①ファイルのアップロード」のグレーの欄をクリックしてExcelファイルを選択
  • Excelファイルを「①ファイルのアップロード」のグレーの欄にドラッグ&ドロップ



3.アップロードしたExcelファイルの内容が表示されますので、下表の項目を設定後、[設定する]ボタンをクリックします。

設定する項目

説明

列ごとに該当する項目

列ごとに該当する項目を選択します。

無視する行

先頭行など、インポートしたくない行がある場合はチェックを入れます。



4.各種データを設定します。詳細は下表の通りです。

設定する項目

必須?

備考

勘定科目

前段で設定していない場合は必須

 

税区分

前段で設定していない場合は必須 「税区分の設定」画面で選択肢を追加できます。(詳しくはこちら

税額の扱い

必須 

以下の中から選択し、一括で設定します。

  • 金額が税込で表記されている場合は「すべての金額が税込み」
  • 金額が税抜で表記されている場合は「すべての金額が税抜き」
  • 内税/外税を指定する列をファイル内に含んでいる場合は「内税/外税を考慮する」

決済口座

前段で設定していない場合は必須

「すべての口座・カード」を選択すると、未決済の取引として取り込まれます。



5.新規登録されるデータ(品目・取引先・部門など)を確認して、登録内容に問題がなければ[登録する]ボタンをクリックし、取り込み(インポート)を開始します。


6.インポートが完了したら、画面上部の黒いバーをクリックして、インポート履歴を確認します。


7.インポート履歴にあるボタンをクリックすることで、登録された取引を確認できます。