スマレジ - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeとスマレジを連携すると、スマレジの売上データを自動で会計freeeに取り込むことができ、売上情報を会計ソフトに転記する手間を省くことができます。

ここでは、スマレジとの連携方法と、売上データの会計処理方法をご紹介します。

※スマレジのスタンダードプラン(無料プラン)をご利用の場合、freeeへの売上データ取り込みはご利用いただけません。

 

目次

 

スマレジとは

スマレジ」は、株式会社スマレジから提供されている、iPad/iPhone/iPod touchを使ったレジ(POS)システムです。

会計freeeとスマレジを連携すると、毎営業日の売上データが自動で会計データ(取引)に変換されて会計freeeに取り込まれます。

スマレジについては、スマレジの公式サイトをご覧ください。



会計freeeとスマレジの同期を設定する

1.[口座]→[口座を登録]画面を開きます。

2.「スマレジ」などのキーワードを検索欄に入力し、「決済サービスや電子マネー」欄にある「スマレジ」を選択します。


3.スマレジを「口座」として登録するかどうか聞かれますので、[登録する]をクリックします。

4.会計freeeで同期設定画面が開いたら、[スマレジログインページ]をクリックします。


5.スマレジに登録しているメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。


6.画面右上の歯車マークより、[システム連携]→[WebAPI設定]をクリックします。


7.「WebAPI受信設定」タブの「受信設定」欄にて、以下のように設定を行います。

  • 「受信機能を利用する」:「利用する」

  • 「IPアドレス制限」:空欄にします。



8.同じく「WebAPI受信設定」タブの「機能設定」欄にて、下表のように設定を行い、[更新]ボタンをクリックします。

  • 「店舗情報参照」:「利用する」
  • 「日次締め情報参照」:「利用する」



9.以上の設定で更新したら、「WebAPI受信設定」タブの「受信設定」欄にある「アクセストークン」欄の[アクセストークン発行]をクリックします。


10.スマレジの画面で表示された「契約ID」と「アクセストークン」を、コピーまたはメモします。


11.会計freeeの同期設定画面に戻り、「契約ID」と「アクセストークン」を入力したら、[スマレジと同期する]ボタンをクリックします。

※ コピー&ペーストする場合は、余分なスペース等が入らないようにご注意ください。



会計freeeに登録される会計データの設定を行う

スマレジから取り込まれる売上データは、会計freeeの「取引」として登録されます。

売上データを取り込む前に、取引として登録する際の決済口座や勘定科目を何にするか設定します。

1.連携の設定が完了すると「タグのマッチングが必要です」というメッセージがホーム画面に表示されますので、そちらをクリックします。


2.「口座スマレジはタグのマッチングが必要です」という画面が表示されますので、[設定する]をクリックします。

3.「取り込み先口座の設定」欄で、売上データを取引として登録する際の決済口座と勘定科目を設定します。

すでに推奨される設定になっていますので、特に問題がなければこのまま[保存]をクリックします。


5.ホーム画面に戻りますので、「スマレジ」の[今すぐ同期]ボタンをクリックして売上データを取り込みます。(これ以降、売上データは日次で自動的に取り込まれます)


6.同期が完了すると、タグマッチングの設定内容が反映され、各決済口座が登録されます。



会計freeeに取り込まれる売上データについて

スマレジから会計freeeに取り込まれた売上データは、ホーム画面の口座一覧の「スマレジ」をクリックして、箱マークをクリックすることで確認できます。


売上データ取得の仕様

スマレジと連携すると、以下の要領で売上データが取り込まれます。

対象となるすべての店舗で日次締めを行ってから同期することをおすすめします。

項目

登録内容

備考

取得するタイミング

同期を行った時

初期設定では、週数回の頻度で自動同期が行われます。

任意のタイミングで、手動で同期することも可能です。

取得する売上データの状態

スマレジで「日次締め」済みである売上データ

一部の店舗だけ締めている場合は、その店舗の分だけ取得されます。(詳細はこちら

取得する売上データの発生日

「スマレジからfreeeに登録された取引のうち、最も新しい発生日よりも後」かつ「同期時点の前日分まで

例えば、スマレジの取引が11月31日分まで登録されている状態で、1月1日に同期すると、12月1日〜12月31日分が取得されます。

 

登録される取引の内容

スマレジとの連携で登録された取引は、以下のように登録されています。

項目

登録内容

勘定科目

取引内容に応じて適切な勘定科目が適用されています。

金額

締めの時に算出された日別の合計金額が、店舗ごとに反映されています。

部門

複数店舗の売上データを管理している場合、店舗名が付与されています。

備考

取引の内容を説明する文言が入力されています。

決済口座

お金が出入りした店舗および口座が反映されています。(詳しくはこちら

 

会計freee上で入金や前受金の処理を行う

スマレジから取り込んだ売上データの一部は、「入金があった時」や「前受金を受け取ったあとサービスや商品の提供が完了した時」に、追加で会計処理が必要な場合があります。

入金の処理を行う

連携設定を初期設定のままにして連携を行うと、下表のような決済口座が取引に反映されています。

後日、前受金の振替や銀行口座への入金などがあった場合は、下表を参考に「口座振替」を登録します。(会計freeeでは、「口座振替」を登録することで資金の移動を登録できます。詳しくはこちら

取引の決済口座

決済口座の意味

処理が必要な場面

登録する口座振替

現金(○○店)

お店の現金にお金が入った

-

-

カード売掛(○○店)

クレジットカードで支払われた

カード会社から入金があった

カード売掛→銀行口座

商品券(○○店)

商品券で支払われた

商品券の発行元から入金があった

商品券→銀行口座

電子(○○店)

ICカードで支払われた

ICカードの発行元から入金があった

電子→銀行口座

※「商品券(○○店)」や「電子(○○店)」といった名称はあくまで例示であり、実際の名称はスマレジ側に追加した支払方法の名称に依存します。

※ 連携設定画面で「未決済として取り込む」にチェックを入れていた場合は、取引は決済口座が未登録の状態で登録されますので、入金があった時に決済(消し込み)を登録します。

 

取り込まれる前受金取引の処理について

お店によっては、予約時の手付金などのように、サービスや商品を提供する前に料金を受け取ることがあります。

このような料金は、まずは「前受金」として計上し、その後サービスや商品を提供した際に「売上高」へ振り替える必要があります。

そのため、スマレジでは、以下のように適切な会計データが自動的に登録されています。

  1. 料金の受領時:
    「前受金」口座から現金口座などへの口座振替

  2. 売上実現(商品引き渡し時):
    勘定科目「売上高」、決済口座「前受金」口座の収入取引




参考:締め済みの期間が店舗同士で異なる状態で同期した場合の注意点

スマレジとの連携では、すでに締めている店舗の売上データだけが取り込まれます。

一方、取り込もうとした売上データの日付以降の売上データがすでに取引として登録されていると、そのデータは取り込まれません。

そのため、特定の日付について、一部の店舗だけを締めた状態で同期をして、そのあとに残りの店舗を締めて再度同期をする場合は、以下の手順でデータを取得します。

  1. 店舗Aだけを締めた状態で同期を行うと、店舗Aの取引だけが登録されます。
  2. 店舗B,Cの日次締めを行います。(同期はしません)
  3. [取引]メニューの[取引の一覧]を開き、「登録した方法:スマレジ」「部門:店舗A」で取引を絞り込みます。
  4. 3で絞り込まれた取引のうち、店舗B,Cの売上データを取得できていない日付以降が発生日になっている取引をすべて選択します。
  5. 4で選択した取引をすべて削除します。
  6. スマレジの同期を行うと、前日分までの店舗A,B,Cの売上データがすべて取得されます。

 


参考:「アップデート対応中」と表示されて同期できない場合

スマレジの口座詳細に「アップデート対応中」と表示されて同期できない場合、契約IDとアクセストークンの設定が完了していない可能性があります。

こちらの5〜11の手順で契約IDとアクセストークンを設定すると、正しく同期ができるようになります。

 


参考:スマレジの同期を解除する

同期を解除する場合は、以下のいずれかを実施します。

ケース

解除方法

口座を残したまま同期だけ解除したい場合

スマレジの「WebAPI受信設定」画面を開き、アクセストークンを削除します。

口座を削除して同期も解除したい場合

口座を削除します。