freee APIとは

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓  スターター   ✓  スタンダード   ✓  プレミアム  

【注意】本ページはソフトウェア開発者向けのページです

freee APIは、freeeの機能を外部のプログラムから利用するためのインターフェースです。このAPIを利用することにより、他システムとのデータ送受信が可能になります。

どのようなデータが送受信できるのかなど、最新のAPI仕様はこちらで公開しています。

 

目次

  1. freee APIの活用事例
  2. freee Developers Communityとは

 

freee APIの活用事例

freeeは単なる会計ソフトではなく、クラウドERPとして開発されており、スモールビジネスの基幹データが集約されています。そのため、仕訳の連携だけでなく、様々な業務ソフトとの連携が考えられます。下記に代表的な連携を紹介します。

 

例1 データの入力:POSレジ

スマートデバイスなどを利用したPOSレジシステムは、freee APIを通じてその売上データをfreeeに連携することができます。freeeに連携することで売上データの転記作業が必要なくなり、無駄な作業や転記ミスのリスクを削減することができます。

また、freeeは売上を会計データに変換するだけではなく、分析レポートを出力することができるため、売上連携した瞬間にリアルタイムで売上状況を見える化できます。

 

例2 データの同期:CRMシステム

>先程は一方的にfreeeにデータを入力する連携を紹介しましたが、今回はデータの同期の例を紹介します。会計freeeはクラウドERPとして開発されているため、取引先や品目や従業員情報などのデータを保持しています。

それらのデータが他のシステムににも存在する場合、freee APIを通じてfreeeのデータと同期させておくと、無駄な作業や転記ミスのリスクを削減することができます。

下記は取引先のデータ(名称、カナ、住所など)をfreeeとCRMシステムで連携した際のイメージです。

 

例3 データの出力:帳票作成システム

例3では、freeeのデータを出力する例を紹介します。建設業における工事台帳など、freeeでは未対応の帳票を作成する必要がある場合があります。

通常であれば、freeeを見ながらデータを転記していく必要がありますが、freee APIを使用することで自動で転記することができます。こうすることで、無駄な作業や転記ミスのリスクを削減することができます。

 

freee Developers Communityとは

freeeでは、freee APIを利用する開発者コミュニティを運営しています。(登録料:無料)
freee Developers Communityでは、下記の3つの活動を通じて開発者の皆様を支援いたします。

freeeからの情報配信

ベータ版APIの先行公開・APIリリースノートの配信・APIメンテンス情報など、開発や運用に必要な情報を配信します。

freeeへの開発リクエスト

freeeへAPIの開発リクエストを送ることができます。クラウド会計ソフトfreeeだけでなく、freeeの全てのサービスに対して送ることができます

開発・公開のサポート

APIドキュメントの公開だけでなく、APIに関する技術的な質問にお答えする専用窓口を用意。また、作成されたサービスは「freee Apps」に掲載します。


freee Developers Communityへの入会はこちらのページからお申し込みください。