経費科目を使って経費申請をする

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード   ✓ プレミアム  

経費精算機能を使って経費申請を行う際によく使う内容と勘定科目などの組み合わせを、経費科目として設定し、それを利用して経費申請を行うことができます。

あらかじめ設定した経費科目を用いることにより、経費申請者が勘定科目や税区分などを選択する必要がなくなり、勘定科目や税区分の選択のミスや申請者によるバラツキを防ぐことができます。

 

目次

  1. 経費科目とは
  2. 経費科目の設定
  3. 経費申請時の経費科目の選択

 

1.経費科目とは

経費科目とは、頻繁に申請する経費内容についての勘定科目、税区分の組み合わせをいいます。この経費科目を設定することにより、よく使う経費の内容について申請の時の勘定科目と税区分の選択の誤りを防ぐことができます。

 

2. 経費科目の設定

経費科目の設定は以下の手順で行います。

1.「設定」「経費科目の設定」から、経費科目の設定画面に移動します。

2.「経費科目を追加」ボタンをクリックします。

3.表示されたページで経費科目名、勘定科目などを入力します。入力例と各入力項目の詳細は以下の通りです。

(入力例)

(各入力項目の説明)

 

項目

説明

経費科目名

経費科目の名称です。経費申請時に選択する際の表示名となります。

勘定科目

経費科目を選択した際に選ばれる勘定科目です。

税区分

経費科目を選択した際に選ばれる税区分です。

※ここで選択する税区分に税率の表記はありませんが、経費申請で作成される取引の発生日に応じて税率は適切なものが選択されます。

内容を補足

ここで記載した内容が、経費科目選択時に「内容」として表示されます。

経費科目の説明

経費科目の説明を記載します。ここでの説明は経費申請時に説明書きとして表示されます。

プレビュー

①〜⑤までの項目の入力内容に応じたプレビュー画面が表示されます。日付は登録日が表示され、金額は一律で1,000円が表示されます。

 

4.入力後、経費科目一覧に作成された経費科目が表示されます。

 

3.経費申請時の経費科目の選択

以下の手順で経費申請を行います。

1.「取引」「経費精算」メニューをクリックし経費申請の画面に移動します。

2.「経費精算を申請する」をクリックします。

3.以下の画像の通り、経費科目の欄をクリックします。

4.「経費の種類を選択する」画面で、表示される経費科目のうち該当の経費科目をクリックすると、設定した経費科目が選択されます。選択後、変更するをクリックします。

なお、経費科目名の欄に経費科目名やその一部を入力することにより、経費科目の絞込ができます。

5.経費申請画面に戻りますので、選択した経費科目を確認し、内容、日付、金額等を入力し、申請するボタンをクリックします。

以上で経費科目を使った申請をすることができます。