freeeで行う法人税申告の流れ

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeをまずは日々の記帳を行いその後、法人税申告機能をご利用いただくという流れになります。

 

目次

概要


申告freeeは、会計freeeと同時にご利用いただくことを前提としたものとなります。そのため、申告freeeを利用するためには、まず会計freeeで顧問先の事業所にログイン後、申告freeeのメニューに移動し、申告書の作成及び電子申告を行います。申告作業が終了後は会計freeeに戻り年度締めを行いましょう。


会計freeeの事業所を持っていない場合は、一度会計freeeで事業所を作成した後に申告freeeにログインします。

会計freeeと申告freeeで行う申告の流れは以下の通りとなります。
__.png


会計freeeで顧問先にログインする

[顧客管理]→[顧問先一覧]から申告書を作成する顧問先の事業所にログインします。
_________2.png

申告書の作成を行う


[決算]→[法人税]を選択すると、申告freeeに画面が遷移します。
申告freeeでは法人税の申告書を作成します。なお、消費税申告書は会計freeeで行います。

会計freeeで決算(法人税等の計算以外の決算整理仕訳等の入力)が終了している場合は、基礎的な数字は全て申告freeeに連携されています。
_________2.png

申告freeeから電子申告を行う

freeeから直接電子申告を行うことが可能です。申告書の作成が終了次第、電子申告を行いましょう。
※電子申告機能は2017年4月下旬にリリース予定となります。

なお、e-taxのwebサイトで組み込むためのxtxファイルでの出力や、PDFでの出力にも対応しています。
________2.png

 

[会計freeeと申告freeeで出来ること]

会計freeeと申告freeeでできることはそれぞれ以下の通りとなっています。

 

会計freee

申告freee

決算書の作成

決算仕訳の計上

勘定科目内訳明細書の作成

法人事業概況説明書の作成

法人税申告書作成

消費税申告書作成

電子申告(法人税及び消費税)

顧問先の切り替え

年度締め