法人税申告機能について

Print Friendly and PDFページを印刷

クラウド申告freeeで、法人税申告機能を利用することが可能です。

法人税申告は主に会計事務所様向けの機能になりますが、法人税申告書の作成実務を理解されている一般ユーザー様でもご利用いただくことが出来ます。

目次

 

法人税申告機能の概要

法人税申告機能は、「申告freee」の中の一機能となります。主に会計事務所向けの製品になりますが、法人税申告書の作成実務をご存知の法人ユーザー様もご利用いただくことが可能です。また、freeeの電子申告アプリを同時に利用することで、法人税を電子申告することが可能となります。
1.png

 

 法人税申告機能で出来ること

法人税申告機能では、国税と地方税の申告を行うことが可能です。具体的な対応帳票はこちらをご参照ください。

会計freeeで記帳が終了している場合、その会計データをfreeeに連携させることで効率的に申告業務を行うことが可能です。

以下、freeeで行う法人税申告の特徴を紹介します。

[特徴① 項目マップ]

 ある項目を選択すると、その項目に関連する他の項目がツリー形式で表示されます。項目毎に設計されているため、帳票間の数字連携はひと目でわかるようになります。
2.png                       

[特徴② 会計freeeとの連携]

 当期純利益・交際費・固定資産台帳の金額等の会計freeeからの連携が可能となっています。

取引先・品目・部門タグベースでの連携も可能なので、例えば他科目交際費についても連携が可能となります。

(例:交際費タグの会議費も自動集計する等)
____.png

      

 [特徴③ チェックリスト]

 freeeが法人税作成時に留意すべき点についてのチェックリストを既に用意しており、「?」マークを選択すると、「確認完了」と「要修正」が表示されます。
checklist_2.png

[特徴④ コメント機能]

 各項目の上でコメントを挿入することが可能です。コメントをリスト形式で表示させることも可能ですので、事務所内でのレビューに利用することが出来ます。
koment_2.png

 

料金と購入方法

[料金]

認定アドバイザー

 →1事務所で20万円(税抜)/年間となります。

法人ユーザー

 →1法人で20万円(税抜)/年間となります。

[購入方法]

認定アドバイザー

 →「advisor@freee.co.jp」までお問い合せください。

法人ユーザー

 →「freee@freee.co.jp」までお問い合せください。

 

対応ブラウザとOS

対応ブラウザ

IE11・Edge・Chromeに対応しています。

対応OS

Windows及びMacに対応していますが、電子申告する場合にはwindowsのみの対応となっています。
(申告書の作成はMacで出来ますが、電子申告はwindowsアプリのみの対応となっています。)