法人税申告機能のメニュー構成

Print Friendly and PDFページを印刷

法人税申告機能は会計freeeと密接に連携しています。そのため、法人税申告機能で行う操作と会計freee上で行う操作がそれぞれあります。

目次

法人税申告機能の全体メニュー

法人税申告機能の全体メニューは以下ののような構成と内容となっています。

(画面左部分)
______.png

(画面右部分)
________.png

番号

内容

※1

会計freeeのホーム画面に遷移します。

※2

会計freeeの決算書の作成画面に遷移します。

※3

法人税メニューとなり、法人税の申告書作成を行います。基本的にこちらのメニューをメインで利用します。

※4

会計freeeの消費税申告書作成画面に遷移します。

※5

freee内で直接電子申告を行うことが可能です。また申告状況を一覧で確認することが出来ます。

※6

会計freeeの顧問先一覧画面に遷移します。

※7

申告を行う事業年度を表示しています。

※8

顧問先名が表示されています。顧問先を切り替える場合は、会計freee側で切り替えてから申告freeeに遷移する必要があります。
※6を押すことで顧問先切り替えの画面に遷移することができます。



法人税メニュー

法人税の作成メニューは以下のような構成と内容となっています。
_______.png

番号

内容

※1

法人名・法人番号等、申告に必要な基本的な情報を入力します。

※2

地方税に必要な事業所(本社・支店)の情報を入力します。こちらに入力した情報にもとづいて、地方税の計算がなされます。

※3

申告書の作成画面です。こちらをメインで利用します。

※4

会計freeeの勘定科目内訳明細書画面に遷移します。