事業所情報を登録する

Print Friendly and PDFページを印刷

事業所情報では地方税の計算に必要な、本店や支店の情報を入力していきます。

こちらで入力された情報を元に6号様式や20号様式等で地方税の計算が行われます。

 

目次

基本的な手順

1.[法人税]→[事業所情報]を選択します。
_________.png

最初は「本社」が表示されており、住所は会計freeeで登録されたものが自動で住所が転記されます。

2.詳細を選択し、事業所名・電話番号等を入力していきます。

詳細の設定のため、画面右にある「詳細」を選択します。
______.png

下記のように「申告対象の市区町村名」が黄緑色になっている場合は、ただしく入力出来ているということになります。

なおここで入力した市区町村名に基づいて、freeeが認識した市区町村名により、税率・税額を自動で算出します。
____.png

 

もし不適切な住所が入力されている場合、下記のように「申告対象の市区町村名」という箇所がグレーになります。こうなっている場合は、自動的に税率や税額を算出することが出来ないため、再度入力し直しましょう。
______.png

 

事業所を新規追加する場合

 本社とは別に複数の支店がある場合は、事業所を新規追加しましょう。

事業所の数に応じて、freeeが地方税の分割基準を適用して自動計算を行います。

事業所の追加は以下の手順で行います。

1.[事業所を新規追加]を選択します。
______.png

2.事業所の情報を入力し、保存を選択します。
__________.png

3.入力が終了すると、下記のように登録した事業所が一覧になります。事業所毎の従業員数等に基づいて地方税の自動計算が行われます。
_____.png

分割基準の自動計算

 freeeでは事業所ごとに入力された従業員数をもとに、分割基準を自動で計算します。

こちらを任意で設定したい場合は、チェックを外すことで自由に入力出来るようになります。分割基準として入力した数値に基づいて地方税の分割計算が自動で行われます。
_________.png

チェックを外すと以下のように入力することができます。
_________.png