会計連携を利用する

Print Friendly and PDFページを印刷

申告freeeでは、会計freeeと数字の自動連携を行うことが可能です。

初期値として連携されている項目もありますが、ご自身でカスタマイズした連携項目を作ることも可能です。 

目次

会計連携とは

会計freeeの数字をと申告freeeへ連動することが出来る機能です。初期値として連携している項目もありますが、ご自身でカスタマイズした連携項目を設定することも可能です。

また会計連携は勘定科目単位のみではなく、勘定科目×タグの組み合わせ単位で連携することも可能です。

例えば「福利厚生費」という勘定科目で「交際費関係」というタグを予め付与しておくことで、別表十五に会計freeeから連携させるように設定するといったような柔軟な設定を行うことも出来ます。

会計連携の使い方

会計連携の現在の設定の確認

1.該当の申告書を選択し、画面右上にある「会計連携」アイコンを選択します。
________.png

2.「会計連携の確認・設定」を選択し、既に設定してある会計連携を確認できます。
_________.png

3.既に設定してある会計連携が表示されます。
_______.png

 

こちらで不足している場合には、さらに以下の手順により会計連携を設定することが可能です。

連携する項目を追加する

1.連携したい勘定科目を選択し、「連携」というボタンを選択します。
__________.png

 

2.右の会計連携のセクションに表示された「項目を選択」というボタンをクリックし、連携先としたい左側の申告書上の項目をクリックします。
_____.png

 

下記の例では、勘定科目「受取利息」を別表六(一)の預貯金の利子等の収入金額欄に連携させています。
___.png

100,000円の受取利息が申告書に転記されていることがご確認いただけます。