デモ環境を作成・利用する

Print Friendly and PDFページを印刷

freee認定アドバイザーの方は、実際のデータに影響を与えずにfreeeの各種機能を試したい場合に、デモ環境を利用することができます。

デモ環境はいつでも作成することができ、顧問先にfreeeをご紹介いただく際や、社内研修の際にご利用いただけます。

 

目次

 

デモ環境とは

認定アドバイザーの皆様が、顧問先にfreeeをご紹介いただく際や、社内研修の際にご利用いただけるデモ環境です。

実際のデータに影響を与えずに、freeeの各種機能を試したい場合に、デモ環境でお試しいただくことができます。

デモ環境では自動的に法人 / 個人事業主 / 認定アドバイザー の最上位プランが選択され、銀行口座とクレジットカードのテストデータが登録されているので、同期機能もご利用いただけます。

作成から1週間で自動的に削除されますが、何度でもお作りいただくことが可能です。

認定アドバイザーお一人様につき、それぞれデモアカウントを作成いただくことも可能です。

 

デモ環境を作成する

  1. 認定アドバイザーの事業所の「顧客管理」→「デモ環境」を開きます。
    image1.png

  2. 「気軽にfreeeの利用を試してみる」をクリックします。
    image3.png

  3. しばらくお待ちいただいてから画面を再度読み込むと、この画面内にデモアカウントが表示されます。
    法人用・個人事業主用・アドバイザー用のデモ環境が1つずつ作成されます。
    image2.png

  4. デモ環境を作成した後は、上記の「デモ環境」画面か、「設定」メニューの「事業所の切り替え・追加」からログイン先を変更することができます。

 

デモ環境に顧問先を招待する

作成したデモ環境にログインした状態で、「設定」メニューの「メンバー招待・権限管理」を開き、メールアドレスを入力して招待すると、メンバーとして追加することができます。

招待された方は、freeeにログイン後、「事業所の切り替え・追加」からデモ環境に入ることができます。

これまでfreeeにログインしたことがないメールアドレスを招待した場合は、招待先の方が届いたメールのリンクをクリックするとパスワードの登録画面に遷移します。招待先の方がその画面でパスワードを登録するとfreeeにログインできるようになります。