銀行やカードの明細を手動で取り込む(明細アップロード)

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeはオンラインバンキングやクレジットカードと同期することで利用明細を自動で取得できますが、同期できない場合や同期したくない場合は、用意した明細を手動でアップロードできます。

なお、明細を用意する方法についてはこちらをご覧ください。

 

目次

 

使い方動画

  

明細のアップロードについて

オンラインバンキングやクレジットカードの多くは、閲覧可能期間内の明細をファイルとしてダウンロードできます。(ダウンロードできる期間は銀行・カードごとに異なります。)

ダウンロードした明細をfreeeにアップロードすることで、会計データの証憑(取引の成立を立証する情報)として利用できるほか、明細をもとに自動で取引を登録できます(自動で経理)。

例えば、自宅や事務所で明細をアップロードしておき、スマートフォンを使ってスキマ時間に取引を登録することも可能です。(iOSAndroidに対応)

【明細のファイルをアップロードするメリット】

  • データを手で打ち込む必要がなくなる
  • アップロードした明細は1クリックで会計データとして記帳できる
  • 勘定科目などを自動予測するため、初めての方も簡単に記帳可能
  • 学習機能によって、自動予測の精度は使うたびに向上

【freeeにアップロードできる明細のファイル】

  • 形式:CSV、OFX、API
  • サイズ:5MBまで

 

明細をアップロードする

1.ホーム画面左の口座一覧からアップロードしたい口座名をクリックします。


2.口座の表示が広がりボタンが表示されるので、[明細のアップロード]ボタンをクリックします。

 

3. アップロードするファイルを選択します。ボックスをクリックして明細ファイルを選択するか、明細ファイルを直接ボックスにドラッグします。


4.以下のフローチャートを参考に、用意した明細ファイルに合わせてファイルのタイプを選択します。



5.【「新しい形式のCSVデータを読み込む」を選択した場合】
アップロードするファイルの ①日付の形式 ②金額の入っている列 ③並び順 を選択します。

【図の場合】

①日付の形式:「2015/06/01」のようになっているため、「年月日が1つの列に入っている」を選択します。
※「年月日の列を分け、かつ和暦で表記している場合」はエラーになりますので、元ファイルを修正してからアップロードします。

②金額の入っている列:入金額・出金額の列が分かれているため、「別の列に入っている」を選択します。

③並び順:下の方が新しい日付になっているため「昇順」を選択します。

6.【「新しい形式のCSVデータを読み込む」を選択した場合】
明細のプレビューを参照しながら、アップロードするファイルの見出し(日付や金額など)を指定します。

例えば、「ヤマダタロウ」「ATM」「携帯」などと記載されている行は「利用内容・摘要」に最も当てはまるため、そのように指定します。

7.アップロード結果を確認します。画面上部に結果の概要、下部の明細一覧に各明細の詳細が表示されます。
※ 期待した行数の取込みが成功しなかった場合、前の項目で選択した列項目を確認します。


8.次回以降のアップロードでは、今回のアップロードで設定したものと同じ形式を利用できます。

 

お困りの場合はサポートデスクまでご相談ください

明細をアップロードする際にエラーメッセージが出て登録できなかった場合など、お困りの際はfreeeサポートデスクにご相談ください。明細取り込みのサポートを行っております。

 


参考:アップロードする明細の必須項目

「利用内容・摘要」は、「自動で経理」を行う際の概要となるため、取引登録時にもっとも内容を把握しやすい列を選択すると便利です。

取得したCSVファイルの列が足りない場合は、CSVファイルに必要な情報を付け加えて再度アップロードを行います。