不要な明細を無視する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

口座を同期すると金融機関から入出金明細が取り込まれますが、その中には取引登録が不要な明細が含まれていることがあります。

不要な明細は「無視」をすることで、「自動で経理」の表示から除外することができます。

 

目次

 

不要な明細の例

以下の明細は取引などの登録が不要ですので、「無視」の対象となります。

  • freeeで記帳する会計期間より前の日付の明細
  • freeeに同期している銀行間で資金移動した際の明細

なお、プライベートの収支の明細は「無視」の対象にはなりません。

プライベートの明細を無視すると残高にずれが生じる要因となりますので、「プライベートの収支として登録」します。(詳しくはこちら:個人事業主の場合法人の場合

 

明細を無視する

明細を「無視」することで、その明細は「自動で経理」の画面にも表示されず、会計データとしても取り込まれません。

ひとつずつ無視する

1.「自動で経理」の処理中に不要な明細を見つけたら、明細の右上にある[×]ボタンをクリックします。


2.その後出てくるウィンドウで、「間違って登録された明細なので無視する」にチェックを入れて[無視する]ボタンをクリックします。

 

まとめて無視する

1.[口座]→[明細の一覧]を開きます。

2.取引登録済みの明細を無視したい場合は、先に取引登録解除(取引の削除)をします。

3.無視したい明細にチェックを入れます。
一番上のチェックボックスにチェックを入れると、表示されているすべての明細を選択することができます。

4.明細をチェックした状態で[無視]ボタンをクリックして、複数の明細をまとめて無視します。

 

無視した明細を元に戻す・削除する

1.[口座]→[明細の一覧]を開きます。

2.画面右上のボタンで[無視のみ]の表示に切り替えて、無視した明細を一覧表示します。


3.明細にチェックを入れて、無視の取消か、明細の削除を行います。(詳細は下表参照)

※ 一番上のチェックボックスにチェックを入れると、表示されているすべての明細を選択することができます。

操作 対象
無視の取消 すべての明細
明細を削除 手動でアップロードした、または手動で作成した明細
(一番右の列に「手」のマークが表示されています)

 

 


参考:明細の「削除」は不要です

同期機能や電子証明書連携アプリで取り込んだ明細はfreee上から完全に削除することができませんが、「無視」をしていれば一覧には表示されなくなりますので、実質的に削除と同じように処理することができます。

また、明細を完全に削除せずに残しておくことで、以下のようなメリットがあります。

  • あとから明細を元に戻すことができる(無視をキャンセルできる)
  • 同期や明細アップロードの際に二重取り込みを防ぐことができる
    ※ 取得済みの明細と重複している明細は、自動で取得対象から外れるようになっています。